ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

安藤優子 「母の認知を症受け入れるのに10年かかった」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 2000年からフジテレビ系報道番組『スーパーニュース』のメインキャスターを務め、3月30日からは午後の情報番組『直撃LIVE グッディ!』で司会を務める安藤優子さん(56才)が、今年1月に母・みどりさんを亡くしていたことを告白した。89才だった。

 みどりさんに異変が起きたのは73才の頃。当初、認知症とは夢にも思わなかった安藤さんは、「母の認知症を受け入れるのに10年かかった」と語る。そこには母が母でなくなっていくことへの葛藤と、長く苦しい闘いがあった。安藤さんが、母の介護を振り返る。

 * * *
 母が施設に入ったのは6年前です。その3年前にすい臓がんで父が亡くなり、埼玉の自宅でのひとり暮らしは徐々に難しくなっていきました。

 飼い犬の世話ができなくなり、お料理の上手な人だったのにお鍋は焦がしたまんま。冷蔵庫に腐った食品が山盛りで、ヘルパーさんも勝手に次々、クビにする。母が、私の知っている母ではなくなっていきます。

 姉がしょっちゅう様子を見に行ってくれましたし、私も週末は必ず泊まりに行きました。母もがんばってがんばって、でも3年が限度でした。

 私も仕事との両立が破綻してきて、姉の家には義母が、兄のところは共働き。じゃあ、誰が一緒に暮らせるの?と考えると、それぞれ同居には問題を抱えているわけです。かなり揉めましたが、「母には申し訳ないけれども、施設に入ってもらおう」って、3人で決めました。

 そのあとも大変でした。「自分の家があるのに、なんでそんなところに行かなきゃいけないの!」って母はものすごく怒りましたから。姉と兄と私の家のちょうど真ん中ぐらいにあるホームを探し、最初は「水道の工事をするから1週間だけ」と嘘をついて行ってもらったんです。

 頭のいい人だから、子供たちの嘘は見抜いていたと思います。入所後も、訪問客に隠れて脱出をはかったり、泣いたり、わめいたり、怒鳴り散らしたりが続きました。「あなたたちをここまで一生懸命育ててきて、なんでこんな仕打ちをされなきゃいけないの」。母に泣かれて、姉も私も泣きました。ひどいことをしていると思えて、「やっぱり私が一緒に暮らすわ」と言ったこともあります。

 家に来てもらっているお手伝いさんに、「優子さん、どうするんですか? 24時間どうやって看るんですか? 3人が等分の責任を負わなくちゃいけませんよ」と言われ、母に我慢してもらうしかないと心を鬼にしました。

 入所したとき母は歩けたし、自分はほかの入所者とは違う、という気持ちだったんですね。お風呂に入るときも、介助の職員をつねったり髪を引っ張ったり。誇り高い人でしたから、人の手を借りることが嫌で、ホームでの生活に慣れるまでに時間がかかりました。

 特に嫌がったのは、耳元で大きな声で話されること。必ず、「私は聞こえているわよ」って言い返すんです。食事のとき、ホームではエプロンのようなものをつけさせるんですが、彼女の誇りを傷つけるようでやめてほしいとお願いしました。汚れたら替えの服を用意しますから、と。

 要望を出すだけでは説得力がないので、家族も積極的に介護にかかわりました。姉と兄と私と、母の知人にもお願いし、毎日誰かは顔を出し、一食は介助するようにしました。連絡ノートを作って、「ちょっと熱がある」とか、“今日のみどりさん”の様子を書くようにして…。みんなに、ああでもない、こうでもないって、世話を焼かれて、母は幸せな人ですよね。

※女性セブン2015年4月9・16日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
アンチ断捨離の森永卓郎 菓子でベンチャーズからピック獲得
宮城県知事 瓦礫の受け入れ拒否に「粘り強く説得していく」
養育費 相手に2万~6万円以上を提示されたら受け入れるべき

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP