ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ウルトラマンを授業の教材に使う教師が正義について考えた書

DATE:
  • ガジェット通信を≫

【書籍紹介】『ウルトラマン「正義の哲学」』/神谷和宏/朝日文庫/640円+税

『ウルトラマン』シリーズを授業の教材に使う中学教師の著者が、同シリーズの物語を元に「正義」について考える。強力な武器を作れば平和が守られるのか? 敵をみつけて戦うことは正義なのか?──等々、子供向け番組ながらも描かれるテーマは奥深い。

※週刊ポスト2015年4月3日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
ウルトラマンタロウ 本当は「ジャック」になるはずだった
6年ぶりのウルトラマンシリーズ 6兄弟集結のぱちんこ台登場
ウルトラマンで善悪を説く教師 宇宙人や怪獣の存在意義を語る

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP