ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

一発屋芸人会で「次は彼ら…」と8.6秒とクマムシ心配する声

DATE:
  • ガジェット通信を≫

《レジェンドの塊軍団だったぜぇ。この会はいいぜぇ》──3月17日、“ワイルド”な感じでブログにこう綴ったのはスギちゃん(41才)。同日夜、彼が出席していたのは“一発屋芸人会”だった。

 その名の通り、過去に一世を風靡した一発屋芸人が大集結した飲み会で、参加者はスギちゃんの他に、ダンディ坂野(48才)、小島よしお(34才)、レイザーラモンHG(39才)、コウメ太夫(42才)、天津木村(38才)、テツandトモら総勢16名の錚々たる“一発屋”たち。

 東京・代官山のおしゃれなイタリアンで行われたというこの会合の“笑撃”の一部始終を、参加芸人の知人の話を元に、再現しちゃいます!

「発起人は小島さんとHGさんで、夜7時のスタート時点に、ほぼ全員が勢揃いしていたそうです。“オレら、よっぽどスケジュール入ってないんだな…”って、のっけから皆さん自虐ネタで大爆笑だったみたいです」(参加者の知人)

 全員テンションMAXで始まったこの飲み会は、乾杯の音頭も一風変わっていた。

「参加者全員が、持ちネタを披露しながら乾杯しなきゃいけないんです。例えばテツトモだったら、“なんでだろう~? 乾杯~!”みたいな。全員分の乾杯コールが終わった時には、みなさん相当酔っ払っていたとか…」(前出・参加者の知人)

 店内は全面ガラス張りで、外から丸見えだったにもかかわらず、足を止めて中を見る通行人は誰一人としておらず、寂しさのあまり、小島が「おれ、今から脱いで外出るわ!」と叫んで、周囲に止められる一幕もあったという。

 そして、参加者の話題は、自然と旬な“あの2組”に向いていった。

「『クマムシ』と『8.6秒バズーカー』です。“次はあいつらもここに来るのかなぁ…”とか、そんな話をしていたそうなんですが、途中からは彼らを心配する声ばかりあがったそうです。特に『8.6秒バズーカー』は、結成1年でいきなりブレークして目立ったもんだから、“大御所からは嫌われるし、厳しいよな”って、しんみり話していました」(前出・参加者の知人)

 およそ3時間に及んだこの会。みなお金がないので、二次会はなかったという。チッキショー!

※女性セブン2015年4月9・16日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
三浦皇成 誕生日パーティーで妻・ほしのではない女性と密着
黒木メイサが誕生日に歌舞伎 赤西仁は子守りしながら留守番
“終活”ブーム 遺産相続考える1泊2日の遺言ツアーが人気

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。