ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

「無着色」は添加物あり? 食品表示の問題点を指摘する新書

DATE:
  • ガジェット通信を≫

【書籍紹介】『食品表示の罠』山中裕美/ちくま新書/842円

 食の安全を守る食品表示だが、消費者にはわかりにくいものもある。料理研究家の著者は、食品表示の問題点を指摘。「無着色」のたらこは、着色料は使ってなくても他の添加物は使っている可能性があり、意図的でなく遺伝子組換え食品が混ざっても、その量が5%以下なら「遺伝子組換えでない」と表記できるようだ。

 食品表示の意味がわかるので、食品を選ぶ時の参考になる。おひたし、だし豆腐、若竹煮など、おいしく健康になれるレシピ18品も紹介されていて実用性も高い。

※女性セブン2015年4月9・16日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
最新のがん治療 感染するとがん細胞を破壊するウイルス利用
長寿遺伝子と呼ばれるサーチュイン遺伝子は腹が減れば活性化
がんを抑制するREIC遺伝子でほとんどの腫瘍が完全に消滅

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP