体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

女子スマフォト部 第5回 パーティーシーンで今すぐ使える写真テクが知りたい!

私には写真のセンスがないから……とあきらめるなんてもったいない! フォトプロデューサー・市岡麻美先生に学ぶ、スマートフォンでかわいい写真を撮れるようになるスマホ写真テクを紹介します。

アングルとポーズを意識するだけで、見違えるほどのパーティー写真に

年度末や学年末に向けて、イベントが増え始めるこの季節。せっかくおしゃれしてお出掛けするのだから、楽しい時間もかわいく切りとりたい! そこで、恵比寿にある国産鶏のロティサリーチキン専門店「Salud Familia Ebisu(サルー ファミリア エビス)」の場所をお借りして、パーティーシーンで使える撮影テクを市岡先生に教わります。

店内にはテーブル席のほか、4名から16名まで利用できる全面人工芝のユニークな個室も。看板メニューのロティサリーチキンは、250度から300度のオーブンでじっくり焼き上げるため、余分な油がなくあっさりとした味わいです。しっかりとしたボリュームなのに、ヘルシーだなんて嬉しいですよね。デートからパーティーまで、用途に合わせて選べるコースプランも豊富。今回は女子会プランを注文して、プライベートな空間を楽しめる個室で撮影実践。乾杯から最後の集合写真まで、タイムライン式で市岡先生のお手本写真を一挙に解説します。

7:00pm:乾杯!

「乾杯ー!」と言った瞬間が最初のシャッターチャンス。全員の顔を写すのではなく、あえてドリンクを持った手だけ写すことで、パーティー感がぐっと伝わる写真になると思いませんか?

7:10pm:コースがスタート

テーブルがにぎやかになってきたら料理の写真を撮り始めるタイミングです。グラスやパンなども一緒に撮ることで、一品だけの寂しい写真になりません。写真を撮るからといって、わざわざテーブルをキレイにする必要はないのです。

7:30pm:ロティサリーチキン登場

料理のボリュームを伝えたいときは、目線を下げて見上げるように撮影しましょう。一緒に写る人は、恥ずかしがらずにオーバー気味に表情をつくるのがポイント。

7:35pm:メイン料理をいただきます

食べる直前の自然な表情もしっかりとらえましょう。カメラ目線でキメた写真もいいですが、ふいうちで撮ることでパーティーの雰囲気が伝わる写真に。少しフィルターをかけると、あたたかい雰囲気がぐっと増しますよ。

8:00pm:デザートタイム

ただ横に並ぶのではなく、近すぎる! と思ってしまうほど寄り添うのがポイント。寄り添って頭をくっつけるだけで、同じ写真でも全く違った印象に。

Before After
1 2次のページ
TIME & SPACEの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。