ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

これを守れば色っぽかわいくなれる♡ 「指づけメイク」必勝テク

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

150324make.jpg
いま人気のおフェロ顔や、ジューシィメイク。つやんつやんな肌質とか、ぽわ~んと上気したような雰囲気が、色っぽくてとってもかわいいんです♡
そんな色っぽかわいい顔を作るには、ブラシやチップではなく「指」を使ってメイクしていくのがコツ。「指づけメイク」を上手にこなすポイントを紹介します。

指づけは肌なじみが抜群

リップやアイシャドウ、チークなどを指でつけると、体温で肌なじみがよくなるため、肌に溶け込むような、自然な色づけが可能
とくにチークやリップなどは、内側から色づいているようなナチュラルな血色感を出せます。また、粉っぽさがないため、ツヤをだしたいときにも使えるワザなんです。

指づけメイクで気をつけたいポイント

自分の指を使うため、誰でもうまくこなせるメイクなのですが、失敗しがちなポイントがふたつあるんです。
・かならずなじませる
アイシャドウでもチークでも、指にとってそのまま顔につけるのはNG。一部分にだけドカンと色がのってしまい、色ムラの原因になります。
色を指に取ったら、手の甲で指をクルクルして、色をしっかりなじませてから顔にのせるのがおすすめ。色の調整もしやすいので、濃すぎた! という失敗も防げます。
・ぼかすときは指を変える
色をのせる指と、色をぼかす指を変えることも重要。
色をのせた指には、当然その色が指にしっかりついているので、同じ指でぼかしてしまうと、色がドンドン濃くなってしまうんです。
ぼかすときは、何もついていない指でぼかすのがポイント。こうすると、本当にナチュラルなグラデーションができますよ。
指づけは、簡単にパパッとメイクをしても、意外なほどきれいに決まるテクニック。憧れの色っぽかわいい顔も、これでお手の物です!
beautiful-young-woman image via shutterstock


(グリッティ)記事関連リンク
第一印象アップにお役立ち。「かわいくなれるメイク術」まとめ
絶対欲しい~! 「ヤズブキー for シュウ ウエムラ」がかわいすぎる♡
テイラースウィフトも愛用! ロングヘアを簡単にボブにするヘアジュエリー

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
グリッティの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。