ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

バイヤー厳選! 愛車を守る最新のカーセキュリティ

DATE:
  • ガジェット通信を≫

大切な愛車は多少お金をかけても、しっかりと防犯対策をしておきたいもの。警視庁の統計によれば、2014年度に全国で発生した車の盗難被害は約1万6,000件。件数自体は年々減少傾向にあるとはいえ、まだまだ油断は禁物だ!

自分の車は自分で守ろう!

車を盗難から守るため、全国に店舗を展開するカー用品チェーンの「オートバックス」の目利きのバイヤーに最新のカーセキュリティをセレクトしてもらった。SQ73ナイトシグナルデコRE(カーメイト)/2,036円(税込)

ハーモニカのような見た目だが、れっきとしたセキュリティーアイテム

ダッシュボードの上に設置するダミーセキュリティ。5つのLEDライトが流れるように点滅し、不審者を威嚇する。ソーラー電源を内蔵しているため、日中は自動で充電し、暗くなると自動で点滅を開始。衝撃を受けると激しく点滅する仕様になっているが、アラート音が鳴る機能などはない。あくまでもダミーで、窃盗犯の行動を心理的に抑制するのが狙いだ。SQ900 カーセキュリティ(カーメイト)/9,980円(税込)

7つのブルーLEDが不審者を威嚇!

車の内蔵コンピュータにOBDⅡコネクタで接続するタイプで、電池交換・充電が不要な本格セキュリティ。データ通信で「衝撃」「傾斜」「ドア開放」「イグニッションON(エンジンの不正始動)」を検知して、サイレン警報やハザード点灯で警告する。純正のキーレスエントリーでON/OFFの切り替えが可能。OBDⅡコネクタのない車両には取り付けできないので、適合車種は確認を!SQ900 カーセキュリティ(カーメイト)/9,980円(税込)

停止板のようなおにぎり型のカーセキュリティと懐かしのポケベルを思わせる液晶リモコン

こちらも充電不要のOBDⅡ接続タイプのカーセキュリティ。前述の「SQ900 カーセキュリティ」とほぼ同機能だが、衝撃の程度を2段階の強弱で判別するほか、コネクタから電源が抜かれた際にも大音量で警告音を鳴らす。車から離れても、液晶リモコン画面に表示される警告アイコンや通報音で状況の確認もできる。通信距離はビル街で約150~300メートル、住宅街で約300~600メートル。VISION カーセキュリティ 1460S(辰巳屋工業)/3万2,400円(税込)

超高感度カーセキュリティ

高精度で誤作動の少ない赤外線センサーを搭載したハイグレード・カーセキュリティ。純正のキーレスと連動してON/OFFが切り替えられる。センサーの感度は2段階で調節可能。ボンネット内に設置することができるため、車内に取り付けるタイプよりも警告音に迫力があるのも特徴。オプションで、愛車の状態を液晶画面で確認できるページャーを付けることができる。なお、取り付けには専門の技術や知識が必要になるため、オートバックスなどのカー用品専門店に任せるのが安心だ。

盗難の多くは、愛車から離れている時に起こる。各種カーセキュリティを使うことはもちろんだが、できる限り目の届くところに愛車を置いておくのも大切なことだ。

都心部であれば特に自宅から離れたところに駐車場を借りている人も多いはず。大切な愛車を守るためにも、住まい探しの際は、駐車場付き物件も候補に入れてみてはいかがだろうか?

(根岸達朗+ノオト)

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
CHINTAI情報局の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。