ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ストレージ、バッテリー、ケーブルがコンパクトにまとまったUSBキーが便利そう

DATE:
  • ガジェット通信を≫

スマートフォンを使用するとき、特に出先で一緒に携帯していたら便利なのが、外付けバッテリー、充電ケーブル、そしてモバイルストレージではないだろうか。

それらの機能を一つにまとめたのが、フランスのスタートアップが現在開発中のUSBキー「K’isauve」。まさにスマホのためのスイスアーミーナイフ的存在で、バッテリーが切れそうな時、データ容量がいっぱいになった時など、これ一つで解決する。

・ストレージは最大128MB

それぞれの機能は特に珍しいものではなく、たくさんの商品が出回っている。K’isauve のポイントはそれらが一つに、しかもコンパクトにまとまっていること。

どれくらいコンパクトかというと、大きさは5.2センチ四方で厚さ1.6センチ。この中に最大128MBのストレージや充電ケーブルが収まっている。

なので、出先で端末の容量がピンチな時、スマホをPCにつないで同期・充電したい時に、K’isauveがあればすぐに対応できる。ちなみに、ケーブルはUSB3.1規格で、高速のデータ転送が可能だ。

・30%オフでプレオーダー受付中

また、バッテリーも搭載していて、iPhone 5であれば1時間半分のバッテリーを賄うことが可能とのこと。加えて、K’isauve そのものをフル充電するのにわずか8分しかかからないのも便利だろう。

あれもこれも持ち歩かずに済む手軽さから、資金調達サイトIndiegogoでのキャンペーンでは目標額の2倍近くの資金が集まった。現在は、自社サイトでプレオーダーを受け付けていて、予定小売価格230ドルのところ160ドルで入手できる。興味のある方はサイトをチェックしてみてほしい。

K’isauve

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP