ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ブランディ、『シカゴ』で数少ない主役を務める黒人女性へ

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 ブランディがブロードウェイミュージカル『シカゴ』で主演を務めることになった。同グラミー賞受賞シンガーは、Ambassador Theatreで4月28日から6月21日まで行われる公演にて、8週間契約でロキシー・ハート役を演じる。

 「アイ・ワナ・ビー・ダウン」や「ザ・ボーイ・イズ・マイン」などのヒット曲を持つシンガーであり、米BET局の『ザ・ゲーム』や90年代のホームコメディドラマ『モエシャ』などに出演していた彼女は、1920年代を舞台に殺人とメディアについて描いた同ミュージカルにて、殺人を犯した主婦役を獲得した。1996年に始まったウォルター・ボビー監督による同リバイバル作品は、1997年に6つのトニー賞を獲得した他、グラミー賞では最優秀ミュージカル・ショー・アルバム賞を受賞している。

 1997年のディズニーTV映画『シンデレラ』で、黒人初のお姫様役を演じたブランディ。ブロードウェイ史上、アメリカのミュージカルでは最長となる同作品では、ロキシー・ハート役を務める数少ない黒人女性の1人となる。2010年のデスティニーズ・チャイルドのミッシェル・ウィリアムス、2006年のロビン・ギブンズに続く形だ。

 ブランディは、3月29日までのジェニファー・ネトルズと、3月30日から4月27日まで主役を務めるペイジュ・デイビスの後を継ぐ。同記事はハリウッド・リポーターに掲載されていた。

関連記事リンク(外部サイト)

ワン・ダイレクションからゼイン・マリクが脱退
いまアメリカの頂点に立つ男 マーク・ロンソンが1夜限りの来日ステージで魅せたその音楽性とセンス
エルヴィス・コステロ、家族秘話やクリエイティブ面に及ぶ自叙伝出版へ

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP