ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

セリーヌ・ディオン、夫の看護など休業を経て遂に復帰

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 夫の看護をはじめ、のどの炎症の治療や3人の子供たちとの時間を過ごすためにと、1年間活動を休止していたセリーヌ・ディオンが、8月27日からラスベガスのThe Colosseum at Caesars Palaceでのステージを再開することが明らかになった。

 シーザーズ・エンターテインメント社は3月25日、同シンガーによるレジデンシー公演を再開すると発表。8月から1月まで40公演を行うという。

 ステートメントにて彼女は、中止した秋のアジアツアーおよび7月29日のThe Colosseum公演以来となるステージ復帰は、夫のレネ・アンジェリルが熱望したことだとしている。アンジェリルは昨年、がん性腫瘍を摘出しており今も療養中だ。

 ディオンの代表は今月上旬、契約更新が出来なかった4人のバンドメンバーを欠くものの、ついに復帰することを発表していた。ラスベガスでのレジデンシー公演は、2019年まで延長されたようだ。

 セリーヌ・ディオンが2003年から2007年にかけて717公演行なった【A New Day…】ショーは、300万人近くが見ている。

関連記事リンク(外部サイト)

ワン・ダイレクションからゼイン・マリクが脱退
いまアメリカの頂点に立つ男 マーク・ロンソンが1夜限りの来日ステージで魅せたその音楽性とセンス
エルヴィス・コステロ、家族秘話やクリエイティブ面に及ぶ自叙伝出版へ

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP