ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【書評】年間1兆ドルが狙われる世界で最も腐敗したスポーツ

DATE:
  • ガジェット通信を≫

【書評】『サッカー界の 巨大な闇 八百長試合と違法賭博市場』ブレット・フォレスト著 堤理華訳/作品社/本体1800円+税

Brett Forrest(ブレット・フォレスト):1973年アメリカ生まれ。ミシガン大学卒業。ニューヨークの雑誌編集者を経て、1998年からおもに国際情勢をレポートするフリージャーナリストに。「タイム」、「ニューヨーク・タイムズ・マガジン」、「ヴァニティ・フェア」、「フォーチュン」など著名誌に寄稿。

【評者】鈴木洋史(ノンフィクションライター)

 インターネットの普及により、ここ10年ほどでスポーツ賭博市場は急拡大した。特にサッカー賭博はそうで、国際刑事警察機構(インターポール)の試算では、現在、世界中で年に1兆ドルが賭けられている。その巨大市場から利益を上げるため、犯罪組織が試合を不正に操作しようとするのは当然だろう。

 実際、国際サッカー連盟(FIFA)に加盟する国と地域のうち半数で八百長の存在が報告されている。〈世界でもっとも人気のあるスポーツは、世界でもっとも腐敗したスポーツ〉なのである。

 本書はアメリカ人ジャーナリストが国際的な取材を行ない、八百長とそれに伴う違法賭博の実態に光を当てたノンフィクションだ。

 同様のテーマを扱った有名な先行作品にイギリス人ジャーナリスト・研究者のデクラン・ヒルによる『黒いワールドカップ』『あなたの見ている多くの試合に台本が存在する』があるが、それらが学術的な研究書の趣があるのに対し、本書は八百長を仕掛ける大物フィクサー、それを追う元FIFA保安部長に密着取材し、サスペンスタッチで描いている。取材のスケールが大きく、日本人ジャーナリストにはなかなか書けない作品だ。

 追う者と追われる者の物語の中で、本書は数々の興味深い事実を記していく。世界でもっとも大規模に八百長を仕組んでいるのは背後で香港の犯罪組織三合会と繋がるシンガポールの組織で、その組織と仕事をしてきた大物フィクサーは60か国以上で数百試合を不正に操作し、〈八百長王〉と呼ばれる。本書の一方の主人公であるインド系のシンガポール人、ウィルソン・ラジ・ペルマルだ(2011年に逮捕)。

 ブックメーカーが賭けの対象とする世界中の試合全てが八百長を仕掛ける対象となり得るが、狙いやすいのは資金不足に悩む弱小協会で行われる試合だ。協会幹部を買収して息の掛かった審判を送り込むのだ。選手で買収対象にするのは主に、ミスが失点に繋がりやすいキーパーとディフェンダー。本書には八百長の具体例が豊富に記されているが、ひとつだけ紹介しておこう。

 2010年にトルコで同日に行なわれた2つの国際試合で(対戦国はトルコ以外)計7点が入ったが、その全てがPKによるものだった。あるPKが失敗すると、副審はやり直しを命じた。

 そうした不正を執念深く追っているのが、オーストラリア警察、インターポールの幹部を経て2010年の南アワールドカップを前にFIFA保安部長に就任したクリス・イートンなる人物。イートンはテロ対策の専門家として招かれたが、テロリズム同様に八百長がスポーツを破壊する大きな脅威だと気付く。だが、FIFAの腰は重く、イートンは南ア大会後、大規模なスポーツ大会のセキュリティを専門に扱う非営利団体のスポーツ保全部長に転じ、今も八百長問題の追及を行っている。  

 日本のサッカーで八百長が行なわれた正式な報告はまだないが、本書に気になる記述がある。国際的な賭博監視機関の香港支所のオフィスでは、様々な違法賭博組織の役割と関係を示す図表がボードに描かれ、世界各国の八百長活動も記録されているが、その中に日本も含まれているというのだ。

 具体的な記述はなく、真偽も定かではないが、〈巨大な闇〉が日本にも迫っていることは確かだ。アギーレを代表監督に招いた日本のサッカー界はどこまで八百長問題に危機感を抱いているのか不安になる。

※SAPIO2015年4月号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
八百長告発・板井に近い元力士 暴力団と相撲賭博の関係暴露
尾車親方 八百長調査前「携帯取り替えろと力士に指示」証言
ガチンコ相撲の大乃国 八百長力士からリンチまがいの稽古も

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP