ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

金田正一氏 14歳で高校入学し正式な野球のルール初めて知る

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 プロ野球界の生きる伝説、球界史上唯一の400投手である金田正一氏は、中学生の時に野球を始めた。そして1948年5月、金田氏は享栄商に入学。そこで恩師である芝茂夫・野球部監督に出会う。

──あれ? 監督はこの時14歳ですよね。中学卒業は?

金田正一(以下、金田):そんなものワシに必要あるか。本来なら中3になったばかりだが、高校に入学したんだ。

──そんな馬鹿な!

金田:ワシという存在をお前らの常識で考えるな。それだけ金田さんは才能に溢れていたんだよ。入学の手順も踏まずに野球部へ入ったが、当時すでに『名古屋にすごいヤツがいる』というワシの名声は県内に轟いていたからか、芝先生も“黙っていたらバレない”と後押ししてくれた。でも高校入学当時は、野球のルールすら知らんかった。

──ええっ?

金田:野球の正式なルールを知ったのは、高校で野球部に入ってからだ。硬球も野球部入部まで握ったことがなかった。当然、道具も持っていない。グローブは進駐軍のトラックから拝借した。ある時、たまたま野球部が練習するグラウンドに、進駐軍のトラックがあって、その荷台にグローブが置いてあった。しかも“左利き用”だ。これは神様が与えてくれたと思って、黙って持って帰ったんだ。

──投手を始めたのは?

金田:芝先生から、『お前は背が高いから投手に向いとるやろ』といわれたのが理由。これが大投手・金田誕生のきっかけだ。握ったこともなかった硬球は重くて硬く感じたが、投げたらものすごく速い球になる。手が付けられないほどのノーコンだがな。

 芝先生は、『強力な足腰のバネが速球とコントロールを決める。人の何十倍も走れ。投手として大成するか否かは走り込みにかかっている』というのが持論だった。だからとにかくワシは走った。この金田正一を作ったのは芝先生であり、今でも足を向けて寝られない存在だ。

※週刊ポスト2014年2月28日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
TBSの名物番組『プロ野球をクビになった男たち』が書籍化
大打者・金田正一「今度は打撃論をやろう」と桑田真澄に提案
日ハム大谷翔平 元祖二刀流の金田正一氏と週刊ポストで対談

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。