ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

『めちゃイケ』が視聴率低迷 レギュラー陣の高齢化も要因か

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 10月で、放送開始から19年目に突入する『めちゃ×2イケてるッ!』(フジテレビ系)の視聴率低迷に歯止めがかからない。5月31日に視聴率10%を取って以降、1ケタ台の視聴率が続いているのだ(8月30日現在)。テレビ局関係者が語る。

「これまでも不調の時期はあったが、3か月も1ケタが続いたことは記憶にない。さすがにヤバい数字です。亀山千広社長は就任以来、大改革を進行し、『笑っていいとも!』『新堂本兄弟』などの長寿番組を打ち切ってきた。今後、その対象に『めちゃイケ』が入ってもおかしくないでしょう。

 フジは『自分たちがバラエティの歴史を作ってきた』という自負がある。その象徴が、土曜8時の枠だった。10月改編は乗り切りましたが、この数字が続けば、来年3月限りで打ち切られても何ら不思議ではありません」

 6月末の大規模な人事異動では、開始当初から同番組を支え続けた名物演出家が復活し、巻き返しを図ろうとしている。だが、その一方で不安視する声も根強い。放送作家が話す。

「もともと、『めちゃイケ』はティーンエイジャーを対象とした番組のはず。だが、最近は“本気ナンパ対決”企画を立て続けに放送するなど、軸がブレている感じがします。今どきの高校生の“リア充”は、土曜の夜にテレビを観ずに、外で遊んでいる子も多いはず。そんななか、家でテレビを観ている若者層に“ナンパ企画”がどれだけ響くのでしょうか。実際、その企画を放送した8月2日は6.6%、9日は9%という低視聴率に終わっています。

 20代の頃のナインティナインや加藤浩次、武田真治などがナンパをすれば、リアリティもあるし、共感もできたかもしれません。しかし、40歳を超え、富も名声も得た芸能人が女性に声を掛けても、視聴者はついてこない。40歳を過ぎた男が声をかけられずにモジモジしている場面を放送しても、『いい大人が何をしているんだ』と思われるだけではないでしょうか。つまり、狙っている視聴者ターゲットが見えてこないのです」

 番組開始当初、20代だったレギュラー陣は軒並み40歳を超えた。2010年、加入した新レギュラー陣であるジャルジャルやたんぽぽも、既に30歳を過ぎている。

「子供・学生を対象にした番組にしては、レギュラー陣の年齢層が高くなってしまった。思えば、土曜8時の先輩番組である『8時だョ!全員集合』(TBS系)は、主要メンバーだった仲本工事や加藤茶の年齢が40歳を越えたころに終了しています。元メンバーの荒井注は45歳のときに『全員集合』を降板し、ドリフからも外れた。『めちゃイケ』と同じ枠で放送されていた『オレたちひょうきん族』も、ビートたけしが42歳のときに終わっている」(前出・放送作家)

 ナイナイの岡村は今年44歳になり、矢部も10月で43歳を迎える。はたして『めちゃイケ』は、レギュラー陣の高齢化問題と、どう対峙していくのだろうか。


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
フジTV・カリスマP現場復帰で山本圭一を電撃復帰させるとの噂
極楽とんぼ・山本 復帰実現しないのは元所属事務所が理由か
佐々木主浩氏 「妻が娘へ仕打ち」の報道に事実と違うと主張

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP