ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ワタミ宅食勤務67歳男性 1日50軒回り週5勤務で月収10万円

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 65歳までの雇用が義務化され、“生涯現役”がいよいよ現実のものとなる。シニア世代の中には、少々毛色の変わった仕事に挑戦している人たちもいる。

 旅行代理店で営業部長を務めていた榊原啓次さん(67)は、2年前、折込チラシを見て大手外食チェーン「ワタミ」の宅食事業「ワタミタクショク」の仕事を始めた。主に高齢者の自宅に弁当を宅配するこの仕事は業務委託で、軒数による出来高制。1日約50軒を回り、週5日で月収は8万~10万円になる。報酬のほとんどは孫との旅行代に充てているという。

「雨の日も雪の日もお届けします」というが、思わぬ“成果”も。宅配のたびに電動自転車を10キロ漕ぎ続けた結果、1年で体重はマイナス5kg、ウエストもマイナス5cmになり、メタボが解消された。

 一方、身長175cm、胸囲103cmと格闘家のようなムキムキボディを持つ久保田武志さん(72)の仕事は「シニアモデル」(シニア専門モデル事務所「シニアリストモデルエージェンシー」所属)。

 大手精密機器メーカーの営業部に40年在籍していた久保田さんは、定年後、家でダラダラ過ごすことが耐えられず、「刺激を求めていた」と話す。そんな時、新聞広告でモデル募集広告を発見。すぐに応募し、2004年から始めたモデルのキャリアは10年になる。

 モデルだけでなく、数年前から俳優業にも進出。これまで映画『海猿』やテレビドラマ『赤い霊柩車シリーズ』など有名作品にも出演してきた。「35歳から“健康な年寄りになるため”ずっと筋トレを続けてきましたが、この仕事に出会って、80歳、90歳になっても現役で活躍したいという思いが強くなった」と久保田さん。

 報酬は広告やドラマなど仕事内容で違う。高いと1本10万円以上だが、安いと数千円ということも。それでも、この10年間で国産のセダンが2台買えるぐらいは稼いだという。

※週刊ポスト2014年5月9・16日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
シニア向けゴルフクラブの新作 ロフト角とシャフト長に特徴
プラモデル製造者 一体制作で10~30万円もらえる人もいる
『AneCan』の“新カリスマモデル”葛岡碧の笑顔を撮り下ろし

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP