ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

内定辞退の連絡した就活生 半沢直樹ばりの土下座強要される

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 すでに内定を出す企業も増えてきた2015年卒業見込みの大学生たちの就職活動。内定が取れずに苦労する学生も多い中、8社からの内定をもらったという大学生のKさん(国立大学・4年)は、内定を断わる際に経験した辛いできごとについて次のように話す。

「自分は、MR、商社、金融、生保など8社の内定をいただきました。エントリーした会社は120社ほどです。『内定を断わった企業からひどい目に合うぞ』、という話は先輩から噂で聞いていました。たとえば、『コーヒーをかけられるから、代わりのネクタイを持ってこい』と脅されて、実際にかけられるという話です。まさかそんなことはないと思っていたのですが、自分にも同じようなことが起こりました」(Kさん。以下「」内同)

 いったいKさんに何が起こったのか。Kさんはある企業に電話で内定辞退の連絡を入れたところ、会社に来るように指示されたという。

「大きな声で怒鳴りながら『お前自分の立場分かってるの? お前がうちに来るっていうから内定やったんだろ! すぐに会社に来い。代えの服も持ってこいよ、意味分かるだろ?』と言われたんです。丁寧にお断りしても、『会社に来ないと許さない』と言われました。

 会社に着いたら電話に出た面接官よりも偉い男性がでてきて、入社する旨にサインした書類をヒラヒラさせながら『とりあえず、この紙の意味分かってる?』と怒鳴られたんです。『法的拘束力はないと伺ったので、お断わり致します』と言うと、『それで済むと思ってるの?こっちは何してほしいか分かる?』と言われました」

 そこでKさんは、「土下座をしなくてはいけないのだ」と察知したという。

「すぐに土下座をして『申し訳ありませんでした』と地面に頭をつけて謝罪しました。そうすると社員はニヤニヤと笑いながら『そういうことじゃないんだけどなぁ。でも君、結構骨あるね』と満足げでした。

 何かされたら困ると思って、ポケットにボイスレコーダーを入れて録音していましたが、土下座で済んだだけ良かったです」

 土下座で思い出すのは、昨年大ヒットしたドラマ『半沢直樹』(TBS系)だ。香川照之演じる大和田常務が、堺雅人演じる半沢直樹に対して土下座するシーンは、あまりにも有名だ。とはいえ、もちろんこれはドラマの世界のこと……と思いきや、まだ社会人の入り口にすら立っていない学生が、土下座を強要された、というのだから驚きだ。

 内定がもらえず落ち込む学生も多い就職活動だが、「内定を断わる」ことも大きなストレスになるのは間違いない。


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
謝罪会見の“安くなった”土下座 やる理由は「絵」のため
内定勝ち得た理系学生が「インターン」で半強制的に格安労働
銀行内定式「半沢直樹に出てくる様な上司いない」と頭取挨拶

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP