ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

「俺、次の扉開いた」本田と長友の異次元会話に他の選手鳥肌

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 ついに開幕したサッカーW杯ブラジル大会。「優勝」を目標に掲げる本田圭佑(27才)に誰よりも賛同しているのが、同い年でともにイタリア・ミラノのビッグクラブで活躍する長友佑都(27才)だ。

「本田と長友は同じ街に住んでいるということ以上にノリが合うみたいで、月に1回以上のペースで食事をしているんです」(サッカー関係者)

 ふたりの会話は、常人には理解しがたい内容だという。

長友:「オレ、次の扉、開いたわ」
本田:「オレ、目の前の扉で格闘しているわ」

 こんな禅問答のような会話を真顔で話しているのだ。ふたりの会話を目撃したFC東京・高橋秀人(26才、今大会は落選)は、あるインタビューでこう語っている。

《何、この会話、ヤバくない?って。耳を疑ったし、鳥肌が立ちましたよ。ドラゴンボールの世界かと思って(笑)》

 そんなふたりに“洗脳”されているのが香川真司(25才)だ。6月8日放送の『やべっちFC』(テレビ朝日系)に出演した際には、4月にミラノで本田、長友と決起集会を行ったことを明かした。

「圭佑くんの家で食事をしながら話して。すごく情熱的な人たちやから、ブラジルに向けていい話し合いができたし。やっぱオレらがやらなアカンなという話はしましたし、それはみんな強く思っている」

 どうやら香川も“ドラゴンボールの世界”への仲間入りを果たしたようだ。

※女性セブン2014年6月26日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
好調本田圭佑 ミラン監督が惚れ込みクラブの全面支援の賜物
マンU香川の出場機会減 ザック氏に欧州へ「圧力」求める声も
本田圭佑 不調なら本田信者VS香川信者の不毛な争い勃発も

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP