ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

SSW茜沢ユメル、新作の発売記念ライヴで「平和への思い伝えてゆきたい」

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
SSW茜沢ユメル、新作の発売記念ライヴで「平和への思い伝えてゆきたい」

戦後70年に合わせて、平和のシンボルとされる陽光桜をテーマにした新曲「Stay~さくらの花のように」をリリースしたシンガー・ソングライター、茜沢ユメルが3月12日、東京・赤坂のGRAFFITIで発売記念ライヴを行った。

ライヴの冒頭で茜沢は「陽光桜が国境を越えたように、この新曲のメッセージも国境を越え、戦争のない世界が実現しますように」と訴えた。陽光桜は、愛媛県にあった青年学校の元農業科教師、高岡正明氏が25年の歳月をかけ開発した品種で、戦地で亡くなった教え子たちを供養するため、寒くても暑くても育つよう改良。バチカンをはじめ、世界中に5万本以上が寄贈されているという。「新宿御苑の数ある桜の中でも、ひときわ濃いピンク色の桜があるのは知っていましたが、せつない物語のある陽光桜とは知りませんでした」と茜沢。「崇高な平和への思いを多くの人々に伝えてゆきたい」と新作に込めた思いを語った。

高岡氏の功績を描いた朗読劇を挟みつつ、茜沢は福田祐次(Gt)、香川美穂(Piano)とともに「Stay~さくらの花のように」とカップリング曲の「夢桜~あなたの希望になる」を演奏。さらに「陽光桜~あの時の教え子達へ」「さくら」と陽光桜をモチーフにした楽曲や、メジャー・デビュー曲「夢のしずく」などの代表曲、「春よ、来い」などカバー曲で透明感のある歌声を聴かせた。最後は「オーシャンゼリゼ」で締めくくった。

こちらのライヴは「陽光桜の物語」プロジェクトの一環として行われ、ほかに陽光桜の植樹、学校などでの朗読劇公演、高岡氏の地元・愛媛県での活動を計画している。(前田将博)

SSW茜沢ユメル、新作の発売記念ライヴで「平和への思い伝えてゆきたい」

〈茜沢ユメル”陽光桜CD発売記念LIVE”「Stay~さくらの花のように〉
2015年3月12日(木)赤坂見附GRAFFITI

【第1部】
1.夢桜~あなたの希望になる
2.光

【第2部:朗読劇「陽光桜のたんじょう物語」】
3.Stay~さくらの花のように
4.陽光桜~あの時の教え子達へ

【第3部:茜沢ユメルLIVE】
5.春よ、来い (カバー)
6.逢いたくていま (カバー)
7.気分はしゅるる
8.夢のしずく
9.You‘d be so nice to come home to (カバー)
10.さくら
11.夢桜~あなたの希望になる
12.Stay~さくらの花のように
13.オーシャンゼリゼ (カバー)

・茜沢ユメル公式サイト
http://www.yumeru.jp/

・「陽光桜の物語」ホームページ
http://gagaproject1.web.fc2.com/

カテゴリー : エンタメ タグ :
OTOTOYの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。