ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

高さ16m超!圧巻のクライミングジム

DATE:
  • ガジェット通信を≫


東京昭島のアウトドア特化型商業施設「MORIPARK Outdoor Village」内に、クライミングジム&ヨガスタジオ「PLAY(プレイ)」が3/13にオープン。2つのスポーツ施設にカフェが融合したPLAYは、従来のスポーツ施設のイメージを覆すようなファッショナブルで親しみやすい空間となっています。

【もっと大きな画像や図表を見る】

JR青梅線・昭島駅北口から徒歩3分。「PLAY」は「MORIPARK Outdoor Village」の突き当たりに位置するスポーツ施設です。女性として世界で初めてエベレスト登頂に成功した田部井淳子さんを慕う仲間たちが、「遊び場はいつも地球」「アウトドアスポーツを日常に」「人生を『遊び続ける』きっかけの場所」といったコンセプトのもとに立ち上げました。「アウトドアスポーツは初心者にとって敷居が高いものというイメージがあるかもしれません。しかしPLAYは『興味があるけれどやったことはない』という方に、気軽にアウトドアスポーツに取り組んでもらえるような施設を目指しています」と、伊藤泰弘取締役は話します。

都心から離れた立地を生かしたスケール感はPLAYの特徴の一つです。ヨガスタジオは90平米のものが2面。ボルダリング・ウォールは都内最大級の高さ5メートル×幅56メートル(総延長)を誇ります。さらに圧巻なのがロープクライミングで使用するクライミング・ウォール。高さ16.45メートル×幅11~15メートルのそびえたつ壁は、国際大会の開催も可能なハイレベルなものです。「ヨガスタジオに小さなボルダリング・ウォールが併設されているところはあるようですが、カフェ、ヨガスタジオ、クライミングジムがここまでの規模で融合している施設は、日本ではPLAYだけだと思います」と、伊藤取締役は胸を張ります。

ヨガやボルダリングで汗を流したあとは、併設のオーガニックカフェで栄養補給はいかがでしょう。緑に囲まれた気持ちのいい店内には、アサイーボウル、スムージー、ジャーサラダなどヘルシーかつ魅力的なメニューがズラリ! 「チャージ」「リカバリー」「バックアップ」「ピクニック」をテーマとしたメニュー構成で、運動後の栄養バランスをきちんと補うことができます。 彼氏のボルダリングに付き合わされて手持ち無沙汰なんていう方も、彼の雄姿をガラス越しに見ながらのんびりと過ごすことが可能。普段使いのブランチで利用しても素敵です。

ヨガ・クライミングそれぞれのみの利用、休日パックや夜間パック、学割など、ライフスタイルに合わせて細かな会員設定がなされているのもうれしいポイント。土日には屋外ヨガやノルディックウォーキングといった、目先の違ったアクティビティにチャレンジすることも可能です。一人でも、友達とでも、恋人とでも、家族とでも…。奥多摩に抱かれる昭島、緑と光にあふれるPLAYで気持ちよく体を動かしてみませんか?

取材・文:青木美帆、編集:スポーツ施設・スポーツ教室/イベント情報サイトSPOT[スポっと]
(R25編集部)

高さ16m超!圧巻のクライミングジムはコチラ

※コラムの内容は、フリーマガジンR25およびweb R25から一部抜粋したものです
※一部のコラムを除き、web R25では図・表・写真付きのコラムを掲載しております

関連記事リンク(外部サイト)

新・超攻撃型バドミントンがアツイ
長谷部、結婚報道否定にファン安堵
寝坊で罰金1分5000円は高い?
山本昌引退説も ネットは楽観視?
清原プロレス!ネットの反応は?

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
R25の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP