ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

紙コップに直火で湯を沸かす方法

DATE:
  • ガジェット通信を≫


暖かくなるこれからのシーズン、屋外レジャーが待ち遠しいという人も多いのでは? そこで、今回はキャンプやBBQで役立つまめ知識を紹介しよう。

【動画や画像を見る】

BBQコンロやバーナーコンロでお湯を沸かしたいときに、やかんや鍋がなくても、お湯が沸かせるのをご存じだろうか? 使い捨ての紙コップや紙のボウルがあればOK。水を入れて、そのままコンロにセットすれば、紙の容器は燃えずに、ちゃんとお湯が沸く。じつに不思議だ。

その理由を説明すると、水の沸点は1気圧で100度。つまり沸騰している間、水は100度のまま。これに対して、紙が燃える温度は300度以上。なので、水に接している紙の部分は燃えることはないのだ。ただし、水に接していない底のフチや、飲み口部分などが焦げたり、水が沸騰して気泡ができた部分が燃えたりして、水が漏れ出すこともあるので、注意しながら行ってほしい。科学の実験感覚で、子供と一緒に試してみるのも面白そうだ。
(R25編集部)

紙コップに直火で湯を沸かす方法はコチラ

※コラムの内容は、フリーマガジンR25およびweb R25から一部抜粋したものです
※一部のコラムを除き、web R25では図・表・写真付きのコラムを掲載しております

関連記事リンク(外部サイト)

サーモスが作った真空スピーカー
缶ビールの暴発を防ぐおまじない?
失敗しない割り箸の割り方が判明!
缶ビールでもお店みたいな泡!?
注ぐと凍る?謎のコーラの作り方

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
R25の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP