ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

今がアツい!大相撲力士ツイッター5選

DATE:
  • ガジェット通信を≫


3月8日から22日にかけて大相撲三月場所が行われた。初日から15日間連続の“満員御礼”だったうえ、横綱・白鵬が幕内の史上最多優勝回数を更新するなど大いに盛り上がった。一時スキャンダルなどで低迷していたが、完全に人気が復活しているところ。力士や取組がもちろん注目の中心ではあるが、日本相撲協会が公式アプリをリリースしたり、新たな専門誌が創刊されたりと周辺の話題も多く、様々な興味の入り口が用意されている。そのひとつが、力士のプライベートや人柄などが垣間見えるツイッターだ。今回は、相撲情報誌『TSUNA』編集部に注目の「大相撲力士ツイッター」を選んでもらった。

【もっと大きな画像や図表を見る】

●大露羅敏(@satoshi551)

北の湖部屋所属の力士で、角界一の体重はなんと270kgオーバー! 「外国人力士から見た日本の良さを画像とともにツイートしています。ロシア出身のためツイートもロシア語ですが、写真のセンスが驚くほど良いので見ていて面白いですよ」(『TSUNA』編集部・竹内さん、以下同)

●阿武咲奎也(@oonosyou)

平成27年初場所まで負け越しのない、これからが楽しみな18歳の新世代力士。やる気のある、読んでいるこちらの身も引き締まる投稿が多いそう。「『頑張ります!』などの気合の入ったツイートをよくしていますね。また、お気に入りの動画をよくリツイートしていて、彼の趣向がうかがえます」

●高安晃(@yasu228akira)

田子ノ浦部屋所属の力士。最近は田子ノ浦部屋や自身に関する他のユーザーの投稿をリツイートすることが多い。また、以前はカフェで注文した甘い飲み物の写真などをよく投稿しており、甘党な姿が見えていたそう。「エゴサーチ(※自分の名前や自分の関することを検索する行為)しているようなので、高安関に関するツイートをすれば本人からリツイートされる可能性大!」

●大砂嵐金崇郎(@Oosunaarashi)

エジプト出身で大相撲力士初のムスリムとしても注目される大砂嵐関。ツイートは基本的には英語だが、まれに日本語の投稿をしており、たどたどしい日本語が可愛い。「プライベートや取組以外での活動の様子をよく投稿しています。高安関同様、自身の画像が付いている投稿は、積極的にリツイートしているようです」

●千代鳳祐樹(@kyuki43)

九重部屋に所属する力士。22歳の若者力士らしい、顔文字を多用したツイートが特徴的。「スマホゲーム『モンスターストライク』の、ツイートをするとアイテムが貰えるというものの投稿をしたことがあります。力士というと近寄りがたい印象ですが、そんな庶民的な面もうかがえますよ」。また、同門に所属し相撲好き女子の間から「可愛い」と人気の兄の千代丸関(@0xb788023251161)もツイッターをしており、こちらも注目だ。

竹内さんによると、角界全体でツイッターを利用する力士が増えており、比較的若い世代が活用しているという。土俵上の取組で私たちを興奮させてくれる力士たちも、ツイッターでは素の姿を見せるもの。お気に入りの力士ツイッター、見つけてみてはいかが?

(河島マリオ)『TSUNA』

“格式高い”などの理由からなんとなく敬遠されがちな相撲の魅力を、もっとフランクに伝えるべく奮闘するフリーペーパー『TSUNA(綱)』。年会費5400円で『TSUNA』全号を郵送で受け取れ、イベントやグッズの割引が受けられるサポーター制度を実施中

URL:http://tsunage.info/

記事提供/『R25スマホ情報局』
(R25編集部)

今がアツい!大相撲力士ツイッター5選はコチラ

※コラムの内容は、フリーマガジンR25およびweb R25から一部抜粋したものです
※一部のコラムを除き、web R25では図・表・写真付きのコラムを掲載しております

関連記事リンク(外部サイト)

ご意見番・朝青龍ツイッターが人気
オバちゃんはなぜ甘いモノを配る?
「中身ウブな女子高生」萌え絵話題
ふなっしー南極からツイート中
長谷部、結婚報道否定にファン安堵

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
R25の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP