ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

地方公務員は株式投資ができる?

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Q.

 ある市の市役所に勤めるAさん(市役所職員)は、お給料の一部を投資にまわそうと考え、ある自動車メーカーの株式を購入しました(勤務時間外に発注を済ませた)。

 さて、この行為は許される?

(1)地方公務員は副業を禁止されているため、絶対に許されない。
(2)株式投資は、基本的には許される。

A.

正解(2)株式投資は、基本的には許される。

 地方公務員法38条では、いわゆる副業の禁止として、自ら営利的な私企業を営んだり、報酬を得て事業に従事することを禁じています。ただ、当該規定では余裕資金での投資という部分については定められていません。そのため、基本的には可能であろうと判断されます。
 しかしながら、デイトレーダーのように勤務時間中に売買を繰り返すと、職務専念義務違反(地方公務員法35条)となり、懲戒を受ける可能性があるので注意が必要です。

元記事

地方公務員は株式投資ができる?

関連情報

国家公務員がオークションに出品する行為は違法?(なっとく法律相談)
友達に確定申告の際に名前を貸して欲しいと言われた(法律クイズ)
会社に内緒で副業。会社にばれた場合解雇される?(なっとく法律相談)

法、納得!どっとこむの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP