ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Qualcomm、Quick Chage 2.0の優位性をNexus 6を使ったデモ動画でアピール

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Qualcomm が同社の急速充電技術「Quick Charge 2.0」に対応した端末だと、非対応の端末よりも短時間で充電できることをアピールするデモ動画を公開しました。Quick Charge 2.0 は一般的な USB コネクタのインタフェースを備えた LSI のことで、最大 60W での充電が可能です。これを搭載したSnapdragon 端末では非搭載の端末よりも最大で 75% も高速に充電できると言われています。今回の動画では Quick Charge 2.0 に対応した Nexus 6 を 3 台並べて、それぞれに出力電流の異なるチャージャーを接続し、それぞれのチャージャーを使った場合に充電スピードがどのように違うのかを同時に 40 分間充電して確認しています。画面右端の端末が Quick Charge 2.0 対応チャージャーを接続した Nexus 6 です。充電開始から 40 分後。中央の 5V / 2A 出力の非対応チャージャーを接続した Nexus 6 の場合は 32% だったのに対して、Quick Charge 2.0 環境の Nexus 6 は 50% に達しています。こうして比較してみると、高出力な 5V / 2A のチャージャーを利用したとしても Quick Charge 2.0 対応チャージャーには及ばないことが確認されました。Source : Qualcomm


(juggly.cn)記事関連リンク
Sony Mobile、Xperia向け音楽アプリ「Music(5.0.A.0.10)」をGoogle Playストアにリリース
Facebook、メッセンジャーアプリでサードパーティ製アプリをサポート、ビジネス利用も可能にするサービスも提供
Android版「Google Keep」がv3.1にアップデート、ラベル機能と繰り返しリマインダー機能が追加

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP