ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

大塚家具 長女が勝てば長男追放も母は長女を許さぬとの指摘

DATE:
  • ガジェット通信を≫

「大塚家具」の経営権をめぐり、同社の大塚勝久・会長(71)長女の大塚久美子・社長(47)が繰り広げたプロキシーファイト(委任状争奪戦)が、3月27日に開かれる株主総会でついに決着する。

 筆頭株主である勝久氏が保有するのは18.88%。対抗する久美子氏が握る家族の資産管理会社「ききょう企画」が10.21%、久美子氏自身は0.12%を保有する(昨年12月末日時点)。経済ジャーナリストの磯山友幸氏の解説だ。

「勝久氏側には、千代子夫人保有の約1.9%分を合わせ約20%の基礎票が見込める。一方の久美子氏側も、ききょう企画に加えて、現経営陣支持をすでに表明している米投資会社保有の10%超を足せば、ほぼ同数になる。自由投票を決めた約3%保有の従業員持株会はおおよそ半々に割れると予想されており、株主総会当日まで結果はわからない」

 重要なのが機関投資家の動向だ。6.15%を持つ日本生命、3.37%を保有する東京海上日動火災の判断次第で形勢は変わる。

 機関投資家が割れる事態になれば、「浮動票」である個人株主の行方が勝敗を左右する。つまり、どっちに転ぶかわからないほど、委任状争奪レースは混沌を極めている。前出・磯山氏がいう。

「個人株主の動向は読めないが、機関投資家は通常、会社側提案に賛成する場合が多い。しかし、それを承知で勝久氏は会見で『大株主さんは判断を間違えない』と自信とも取れるアピールをした。これほど先の読めない争奪戦は初めて。ただ問題は、勝敗が決しても、お家騒動が収束する保証はどこにもない点にある」

 定石通り機関投資家が会社側提案に乗れば、久美子氏が多数派を握り、勝久氏が追放されることになる。それでも勝久氏は筆頭株主として影響力を保持したままだ。今回は敗れても勝久氏は何度でも「娘解任」を求める株主提案を行なうことができる。

「久美子さんが勝てば、会長だけでなく、父についた長男の勝之さん(専務)も会社から追放されるのは間違いない。そうなると、勝之さんに会社を継がせたいと考えている千代子夫人が、久美子さんを絶対に許さないだろう」(同社関係者)

 もうひとつ、今回の内紛劇で見逃せないのは、上場企業が創業家一族の都合だけで振り回される異様さだ。一連の騒動により、これまで1000円近辺で推移していた大塚家具の株価は3月3日に2008年以降で最高値の2488円を付けた(3月19日現在は1507円)。

 いまのままでは、「結果的に、今回の騒動で大儲けしたのは創業家一族だけ」(証券会社関係者)という笑えない事態になりかねないのだ。その批判を避けるためにも、一族は一刻も早く正常な企業統治を取り戻さなければならない。

※週刊ポスト2015年4月3日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
お家騒動の大塚家具の長女 結婚の質問は広報からNGくらう
お家騒動大塚家具 父に帝王学叩きこまれた長女は経費削減の鬼
大塚家具 勝久会長を社員が実の父のように思っていた時代も

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP