ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ゾンビに襲われる気持ちが分かった… 美人ニコ生主がバイオ×サバゲーに潜入

DATE:
  • ガジェット通信を≫


「バイオハザード リベレーションズ2 × サバゲーフィールド ASOBIBA」/モデルはあおいたん
サバイバルホラーゲーム『バイオハザード リベレーションズ2』と、秋葉原にあるサバイバルゲームフィールド「ASOBIBA」がコラボレーション。

3月19日から4月15日(水)までの期間中、ASOBIBA各店舗にて、まるでリアルバイオハザードを体験しているかのようなコラボルールによるサバイバルゲームや、コラボアイテムのレンタルなどを実施。『リベレーションズ2』の世界に入り込んだかのような、少し不気味なホラー溢れる雰囲気で包まれている。

編集部では、そんなリアルバイオハザードとも呼べるサバイバルゲームをASOBIBA秋葉原店で体験してきたので、その様子をご紹介っ! モデルは、ユーザー記者として活躍しているあおいたんさんだ!

どこから撃たれるか分からない恐怖

今回のコラボイベントは、秋葉原店だけでなく、横浜や大阪、名古屋など全5店舗で実施。サバイバルゲームでは、『リベレーションズ2』のストーリーに合わせて、死地からの「脱出」と「救出」をルールとした、2つのコラボゲームに挑戦することができる。

コラボルールでは、ホラー感漂う暗いフィールドを舞台に、チーム戦でサバゲーを楽しめるようになっている。コラボ期間中のみ、1人でも参加することが可能だ。

フィールド内は薄暗く、隠れるための障害物も多数用意されているため、なかなか敵を確認することが難しい。バイオ同様、どこから敵が現れるかわからない恐怖を味わうことができる。

特別ルール1「脱出」

「脱出」は、チーム内で、『リベレーションズ2』の主要人物であるモイラ役を1人決め、仲間がモイラを守りながら相手チームの脱出ポイントまで目指すというゲーム本編に準じたルール。

相手チームは、モイラの脱出を防ぐことがミッションとなる。

モイラが撃たれた時点でゲーム終了となるため、脱出する側は慎重に隠れながら仲間との密な連携が必要となる。

この日は、ほぼ全員が初対面の人とチームを組むこととなったが、連携を取りながらゲームを進めていくうちに、いつしかチーム内に一体感が生まれていた。

サバゲー経験者や男性が前線に立ち、相手チームの敵の数を減らす。そして、その隙に残りの仲間でモイラ役を守りながら、相手陣地へと進んでいく。

ひっそりと隠れながら、チャンスを狙っている敵がいるため、うかつに顔を出すこともできない……。

仲間と連携しながら、少しずつ前に進んで行くうちに、無事、相手チームの陣地へ…! 「脱出」のミッションは無事クリアすることができた。

『リベレーションズ2』のプロデューサーを務めるカプコンの岡部眞輝さんは、今回のコラボの狙いについて「リアルに体験することで得られる緊張感を持つことで、よりゲームを楽しんでもらう。暗がりの中で撃たれるんじゃないかという『バイオ』の恐怖感を、このコラボルールを通じて体感してもらいたい」と語っていた。

特別ルール2「救出」

一方「救出」では、相手チームの陣地にあるボックス内から解毒剤を入手し、自陣まで持ち帰ることが主なミッション。

ボックスを解除するには、フィールド内に散らばっている暗証番号が書かれた自分のチームの色のカードを手に入れる必要があり、恐怖や緊張感漂う「救出」とは異なり、常に無数のBB弾が飛び交うアクティブなゲームとなった。

結果、この日のゲームでは両チームとも制限時間内にミッションを果たすことができず、「救出」の難易度の高さがうかがえた。

今回のコラボルールに関して、ASOBIBAの代表取締役CFO・小谷翔一さんは「実体験を通すことで、より作品(リベレーションズ2)の深みを感じることができると思います。角を曲がるドキドキ感などを感じてほしいです」と語る。

引用元

ゾンビに襲われる気持ちが分かった… 美人ニコ生主がバイオ×サバゲーに潜入

関連記事

もうやった? 傑作ゲーム『逆転裁判123&5』が低価格で発売
美人ニコ生主が挑戦! ゲーム実況の縛りプレイをリアルに再現してみた
KAI-YOU編集長 VS 俺──「校境なき文化祭」廃校サバゲーレポ

カテゴリー : エンタメ タグ :
KAI-YOU.netの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP