ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Micromax、CyanogenOSスマートフォン“Project Caesar”に64bitプロセッサ、2GB RAM、16GB ROMを搭載

DATE:
  • ガジェット通信を≫

インドの端末メーカー Micromax が今後発売を予定している新しい Cyanogen OS スマートフォン “Project Caesar” の新ティザー画像を公開し、一部のスペックが明らかにしました。Micromax はこの機種のプロモーション活動で中国の Xiaomi を取り上げながら同社の製品の方が優れていることをアピールしており、そういうやり方が世間から注目を集めています。公開された画像によると、“Project Caesar” は 64bit プロセッサや 2GB RAM、16GB ROM を搭載しています。ティザー画像では Xiaomi の Redmi 2 と比較しており、同社の製品の方がスペック的に上であることをアピールしています。これ以外のスペック情報は公開されていませんでしたが、前回のティザー画像によると、“Project Caesar” は Android 5.x(Lollipop)を搭載して発売されます。Source : Facebook


(juggly.cn)記事関連リンク
DMM、MVNOサービス「DMM Mobile」の公式Androidアプリをリリース
YouTubeはゲームやeSportsに特化したライブ配信サービスをローンチする計画
Android版「Sleipnir Mobile」がv3.4にアップデート、フォームデータの自動入力機能が追加

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。