ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【悲報】世界最強の激安牛丼屋『丼太郎』(旧: 牛丼太郎)ついに2015年3月31日17:00で閉店!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

世界最強の激安牛丼屋として有名な、『丼太郎』(旧: 牛丼太郎)の代々木店が、2015年3月31日17:00で閉店することが判明した。この悲報に対し、多くのファンから悲しみの声が寄せられている。

・『丼太郎』と改名して運営
全盛期、『牛丼太郎』は地球上に14店舗を展開していたが、運営会社が破産。その後、なんとか『丼太郎』と改名して運営を続けていたが、代々木店と茗荷谷店の2店舗のみとなっていた。その代々木店が閉店するのである。

・納豆丼みそ汁つき(210円)
『丼太郎』の魅力は、ワイルドで歯ごたえのある牛丼(260円)と、大粒の納豆がたっぷりと入った納豆丼(210円)である。

どちらにも、美味しい味噌汁が無料でついてくる。あまりにもコストパフォーマンスが良すぎるのだ! 以下は、『丼太郎』閉店に対するファンたちの声である。

・『丼太郎』ファンたちの声
「最後の丼太郎いきたいなぁ」
「代々木の丼太郎なくなっちゃうのかー」
「牛丼太郎って無くなったのか。中野店は良く行ったんだけどなぁ」
「もうどうしていいのかわからない」
「最後まで 並260でがんばってた企業努力は素晴らしい!」
「丼太郎が今月で閉店ってまじかよ。早いうち行っとかないとだな」
「丼太郎は残さなきゃいけないだろ… まじで」
「あまりのショックに酔いが吹き飛んで涙出てきた…」
「あまりにも突然すぎるよ」
「思い出がどんどんなくなる」

・本当に涙が出るほど悲しい
『丼太郎』マニアに話しを聞いたところ「貧乏すぎて生活にこまっていたとき、いつも助けてくれたのは『牛丼太郎』の納豆丼でした。私の命を支えてくれた存在でもあるのです。『丼太郎』に改名してからも通っていたので残念です。本当に涙が出るほど悲しい」と話していた。

多くの人たちの思い出に残る『丼太郎』。代々木店はその長い歴史に幕を下ろすことになるが、茗荷谷店は3月31日以降も営業を続けるようだ(状況によっては閉店する可能性があるとの噂)。閉店前に、一度は食べておきたいものである。

丼太郎(どんぶりたろう)
住所: 東京都渋谷区千駄ヶ谷5-20-16
時間: 7:00~23:00 土日祝8:00~22:00
休日: 無休
ルート: JR代々木駅から徒歩約1分、JR新宿駅から徒歩約10分

もっと詳しく読む: バズプラスニュース Buzz+ http://buzz-plus.com/article/2015/03/25/donburi-taro/

バズプラスニュース Buzz+の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP