ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

1Dメンバーが要求する楽屋の条件:柔らかいトイレ紙、ビール3箱など

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 ワン・ダイレクションが現在行っているワールドツアーに関する付加条件が、正式文書を収集している米サイト“Smoking Gun”により公開された。そこにはバックステージパスを獲得したファンにも知り得ない情報が含まれており、とても興味深いものとなっている。

 同文書には、ワン・ダイレクションのメンバー5人が世界をまわる際にどのような事を要求しているのか詳細に記されている。例えば要件のひとつは、同5人組のために各会場は4つの楽屋を用意し、そのうちの1部屋は喫煙を許可するというもの。他に“個人用トレーニング”のための控え室も用意して欲しいとある。

 また、各部屋は心地良い環境であることも求めており、“トイレには柔らかいトイレットペーパーと無臭の消臭剤を備える”などの要望も。さらには、ピンボールや卓球台、エアホッケーなどといったゲームの備えも必要のようだ。

 一方、食事に関する要望には、ケータリングは付け合わせを紙やプラスチックではなく、必ず陶器の上に用意することや、デザートは手作りのものにすべきとのこと。さらにコンサートの後には、“地元のビール3箱”に地元の食事(ケンタッキーフライドチキン、チックフィレイ、Steak ‘n Shakeは可)を用意して欲しいとある。

 ちなみに、メンバー以外がバックステージに入るには、常に証明書の提示をしておく必要があるそうだ。

 現在、【On The Road Again】ツアー中のワン・ダイレクション。先週には、メンバーのゼイン・マリクが“ストレス”を理由にツアーをしばらく離れるとのニュースがあったばかりだ。彼らの次のステージは3月25日のジャカルタ公演で、そこからアフリカに移動し数公演を行う。マリクがツアーに復帰する日はまだ発表されていない。

関連記事リンク(外部サイト)

母となってさらに輝きを増したケリー・クラークソン、全米首位の最新アルバム『ピース・バイ・ピース』の国内盤がリリース
ロバート・グラスパーが西本智実とフルオーケストラの舞台で初共演
ミューズ、6月発売の新作ALより1stシングル「デッド・インサイド」リリックビデオを公開 作品コンセプトもより明らかに

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP