ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Spotifyから削除したテイラー・スウィフト作品、ジェイ・Zの“TIDAL”では再生可能に

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 昨年、Spotifyからアルバムを削除し、よりアーティストに対する報酬が手厚い音楽ストリーミング・サービスへの支持を表明したテイラー・スウィフトだが、現地時間の3月24日現在、彼女の『1989』を除くほとんどのアルバムが音楽ストリーミング・サービス“TIDAL”でストリーミング配信されていることが明らかになった。同サービスは最近、ジェイ・ZがS. Carter Enterprisesを介して5,620万ドル(約67億円)の入札額で買収したものだ。

 TIDALは競合サービスより高品質なストリーミング・サービスを売りにしているものの、その価格は強気で、7日間の無料試用期間後に月々19.99ドル(約2400円)のサービス利用料が発生する。

 ユーザーは同サービスを利用するのにこの月額を支払うかというのが気になるところ。というのも、彼女の楽曲はSpotify以外の他サービス(RhapsodyやBeats Music)でもストリーミング配信されているからだ。

 ちなみに、24日朝の時点でTIDALで聴くことができる最近のアルバムには、ケンドリック・ラマーの『トゥ・ピンプ・ア・バタフライ』やモデスト・マウスの『ストレンジャーズ・トゥ・アワセルヴス』などがある。

関連記事リンク(外部サイト)

母となってさらに輝きを増したケリー・クラークソン、全米首位の最新アルバム『ピース・バイ・ピース』の国内盤がリリース
ロバート・グラスパーが西本智実とフルオーケストラの舞台で初共演
ミューズ、6月発売の新作ALより1stシングル「デッド・インサイド」リリックビデオを公開 作品コンセプトもより明らかに

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP