ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

「女子」に対し「あの人はオバさんだ」とは言えないのが現実

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 安倍政権が進める「女性が輝く社会」には、諸手を挙げて賛成。でも、ちょっと、男としては息苦しい世の中になってきたなと……。コラムニストの亀和田武氏が、“怒られるのを承知で”熟年女性に言及した。

 * * *
 21世紀のニッポンを跳梁跋扈する〈女子〉たちの暴走が止まらない。女子力アップに女子会。その言葉を見聞きしない日はないほどだ。などと指摘すれば、反応は決まっている。

「それが何か?」

 さらには「そういう偏見もってる人って、アタシたち女子にいわせると、イケてない男の愚痴っていうか、聞いてるコッチが痛いっすよ」といったドスの利いた脅し文句を浴びせられること必至だ。

 少女でもない女性が、自分を〈女子〉と詐称しても、罪に問われることのない社会。どころか「王様は裸だ!」と叫んだ子どものように、「あの人は女子じゃない、オバさんだ!」と真実を公言したとたん、激しいバッシングを受けるのが、この国の現実だ。

 女子が増殖した背景には、彼女たちの“老い”への恐怖がある。アラサー(って言葉も品がなくて嫌だね)を対象にした女性誌が「女子力を磨こう」と表紙に大きく謳った時点で、違和感はあった。

 でも30歳前後でも、少女っぽさを残した人はいるから。そう自制していたら、アラフォー雑誌にも〈女子〉の文字が一気に増えた。

 シニア女性誌を支える大きなテーマは〈若さ〉への異常なまでの執着だ。アンチエイジング。自然な年の積み重ねを、金とスキルで回避しようという無謀な企みだ。

 カルトな信仰にも似た若さへの渇望が産みだした呪文、それが〈女子〉だ。

 肌も肉体も、年相応に変化する。その現実から目を逸らすため「アタシたち女子はさ」と一言叫べば、女子会という名の、実態は「アタシが、アタシが」の怒号飛び交う、相手の話などお構いなしの自己主張の場までが公認されてしまう。

 働く独身女性が、職場でのストレスから逃れるため〈女子〉にすがる気持ちは、判らないでもない。「あの親父も、使えない奴ですよねえ」などと酔った勢いで喚く姿に遭遇するとさすがに鼻白むが。

※SAPIO2015年4月号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
横暴院長所属のクリニック スタッフの1年の退職者が36人に
佐藤江梨子の鬼コーチ役に「あァ思い出しただけでゾクゾク」
児玉清氏 死の直前に「僕はそろそろだから、会いに来て」

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP