ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

中国人歌姫 alan、約4年ぶり古巣に復帰

DATE:
  • ガジェット通信を≫

中国四川省美人谷出身の女性アーティストalan(27)が、約4年ぶりに新曲を発表する。

2006年にエイベックスチャイナオーディションにてプロデューサー菊池一仁に発掘されたalanは、2007年日本デビュー。全く無名の中国人少女が放つ、独特な高音フェイク(チベットフェイク)に関心が集まり、野島伸司、坂本龍一、Coccoなど著名人と共に作品を輩出。大ヒット映画「レッドクリフ」「BALLAD 名もなき恋の歌」をはじめ、数々の主題歌を日本で担うことに。また可愛らしいルックスからファッション誌「AneCan」のモデルとしても活躍した。

しかし、2011年のコンサートを最後に活動の拠点を中国に移し、よりグローバルなアーティストに成長。中国本土で数々の賞を受賞し、地元四川省では大々的にコンサートを開催。多忙な現在の起点は全て日本のファンにおかげだとし、昨年約3年ぶりに来日コンサートを東京にて開催。この公演の模様はDVD化され3月31日に発売予定。

今も多くのファンに支えられていることを日本で実感したalanは、デビュー時に発掘し、数々の苦楽を共に過ごしたプロデューサー・菊池一仁による作曲で約4年ぶりに新曲「道標(みちしるべ)」を3月25日に配信限定にてリリースする。

関連リンク

alan オフィシャルサイトhttp://alan-web.jp/

カテゴリー : エンタメ タグ :
Musicman-NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP