ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

「SOL!」が10代に贈るスぺシャルライブを開催 加藤ミリヤ、高橋優、flumpoolが初共演

DATE:
  • ガジェット通信を≫

「SCHOOL OF LOCK!×進研ゼミ presents Whistle Song」
TOKYO FMをはじめとするJFN38局ネットで放送中の10代向け番組「SCHOOL OF LOCK!」による、この春、卒業や進級など新しいスタートを切る10代に贈るスぺシャルライブ「SCHOOL OF LOCK!×進研ゼミ presents Whistle Song」が3月24日千葉・幕張メッセイベントホールで開催された。出演アーティストは、加藤ミリヤ、高橋優、flumpool。卒業ソングの定番「旅立ちの日に」を観客とともに合唱した。

「SCHOOL OF LOCK!×進研ゼミ presents Whistle Song」
高橋優 コメント
このイベントの出演が決まってからずっと考えてたことあって。
中学生のころ幕張でGLAYのライブがあったんだよね。
ニュースで流れていて、幕張ってすごいところだなぁと。
中学校のとき、あんな所でライブできたらすごいだろうなと思ってたんですよ。
あの時の自分と同じくらいのみんながここにいて、この舞台に立って歌を歌わせてもらえているという…
今日はすごい楽しみに来ました!楽しい時間をすごせるように精一杯頑張ります!

「卒業」という曲は、2011年4月にSOLへ出演させてもらったときに、
今の本当の気持ちを教えてもらうという企画でメッセージを番組の中で読んだんだけど、
番組じゃ読みきれなかったので、全部持って帰らせてもらったんです。
そのみんなの本当の気持ちをうけて、自分自身の本当の気持ちを聞いて欲しいと思って作った曲です。
今ここにいる新しいスタートをきる方々、今さみしいなとか思っている人がいたとしても、
無駄になるんじゃなくて、きっとためになっている、という思いを書いた曲です。

~セットリスト~
パイオニア
(Where’s)THE SILENT MAJORITY?
BE RIGHT
太陽と花
卒業
泣ぐ子はいねが
福笑い

「SCHOOL OF LOCK!×進研ゼミ presents Whistle Song」
flumpool コメント
山村:いつもお世話になってます!今日はめちゃくちゃ気合いを入れてきたんですけど、みなさんから右手を見ると…
(G阪井さんが警備員の格好をして登場済み・番組内では警備員という立ち位置で登場している)
阪井:帽子がいつ落ちるか、この2曲つらかったよ~
阪井:楽しんでないやつおったら警備員として追い出すからな!笑ってなかったやつも追い出すぞ!
阪井:あれ、今日どうしたん?いつもはどっかんと会場湧くんやけどな
(G阪井さんが帽子を脱ぐ)
山村:(髪型が)悪い洋梨みたいになってるよ!

山村:受験を頑張ってきた人が大部分だと思います、本当にお疲れさま。
関東は桜がくるね、満開の桜を待っているときでも、足元には小さい花が咲いているんですよ。
うまいこといかないときもあるけど、それでも足元の小さい花のように咲き誇っていけるといいなと思い、「花になれ」という曲にしました。

~セットリスト~
今年の桜
two of us
花になれ
大好きだった

星に願いを
イイじゃない?

「SCHOOL OF LOCK!×進研ゼミ presents Whistle Song」
加藤ミリヤ コメント
SCHOOL OF LOCK!では、夜空の保健室という時間を頂いていてよく生放送の教室に出させてもらっていて。
もしかしたら話したことある子がいるかもしれない!と思って会場に来ています。
どんなみんなが会いに来てくれるんだろう、ってドキドキ楽しみにしてました。
春休み中だと思うんだけど素敵な思い出になればいいなと思っています。

私の今日の楽屋はそのなんかのドアを開けたら私の楽屋なんですよ。ずっと近くにいたんですよ。
ちょっとあけたらみんなが楽しそうにしていて、うれしいなぁと思いました。

「You…」は生徒(リスナー)のみんなから恋愛のエピソードをもらって、それをもとに歌詞を書いて曲になりました。
めちゃくちゃ片思いしている子がいっぱいいて、好きって気持ちを伝えられない、
そんなもどかしい気持ちの子がいっぱいいて、You…はそんな子のためになればいいなと思って作った曲です。

デビューしたのは10年前、16歳の時にデビューしたんだよね。
私は中学高校とか、毎日思い悩んできたから、だから歌手になったんだけど、
なんか不安だな、なんか悲しいなっていう、そういう気持ちを音楽にぶつけることで自分を保つこと、
生きること、毎日を過ごすことができました。みんなと一緒に感じることができるって本当に嬉しい。
みんなにとってはすっごい年上かもしれないけど、私はみんなの気持ちがとってもわかるんだよね。
どういうことが苦しいのかな、どういうことが楽しいのかなって思いながら曲書いています。
これからいろんなことが待ってると思う。楽しいこともあるけど、くやしいこととかなんで?って思うこともある。
いろんな感情って生きているって証拠だし、私は嫌な気持ちも絶対に
プラスに変えられるパワーってあると信じているからみんなと一緒に叫びたいと思っています。

~セットリスト~
HEART BEAT
メドレー(恋シテル・Love Forever・SAYONARAベイベー・今夜はブギーバック)
ディアロンリーガール
You…
Lonely Hearts
少年少女

とーやま校長(SCHOOL OF LOCK! MC)コメント
みんな本気でやっていた。集まってくれたみんなも本気で楽しもうとしてくれたからこそ、出来上がったライブだと思います。何事も本気でやることって本当に大事です。
この4月から楽しいことの8倍くらい…は厳しくて辛いことが待っています。
その時に、楽な方をとるのか、ドキドキする方をとるのか、その答えは3組のアーティストが持っていたと思います。
明日から本気でドキドキする人生を歩んで欲しいと思っています!

関連リンク

■WhistleSonghttp://www.tfm.co.jp/lock/whistlesong/
■SCHOOL OF LOCK!http://www.tfm.co.jp/lock/index.html

カテゴリー : エンタメ タグ :
Musicman-NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP