ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

黒田博樹投手とB’zが強力タッグ、登場曲「RED」書き下ろし

DATE:
  • ガジェット通信を≫

巨額の年俸を蹴り、米大リーグ・ヤンキースから8年ぶりに古巣の広島東洋カープに復帰した黒田博樹投手。広島はもちろんのこと、日本球界を連日賑わせている黒田投手のマツダ スタジアムでの登場曲にB’zの書き下ろし曲が決定した。タイトルは 「RED」(作詞:稲葉浩志 作曲:松本孝弘)。

今年2月にロサンゼルスで黒田投手とB’zの松本孝弘が食事をともにする機会があり、そこで意気投合し、翌々日には黒田投手から直々に登場曲を依頼。快諾したB’zは、全国ツアーの合間を縫って、復帰を飾る 「RED」を完成させた。

B’zはこれまで「ultra soul」(世界水泳)など、スポーツ大会の曲を書き下ろしてきたが、特定のアスリートのための曲を手掛けたのは今回が初。球界の選手の登場曲は、精神力を高める重要性を担うとともに、その選手にしかないオリジナリティが垣間見えるため、黒田投手をアメリカから帰って来たサムライにイメージを重ねて曲作りをおこなっていった。

注目の登場曲 「RED」は、黒田投手のマツダ スタジアム公式戦初登板で初お披露目となる。マツダ スタジムに響き渡る 「RED」は、広島東洋カープファンの応援歌としても愛され続けてほしいという願いが込められている。

B’z・松本孝弘 コメント
今年2月に縁があって黒田投手とお会いする機会があり、その翌々日に黒田投手から直接登場曲の依頼をお受けしました。とても光栄に思うと同時に、黒田投手御自身、延いてはファンの皆様の士気の上がる楽曲を提供しなければという想いがありました。
開幕まであまり時間がなかったのですが、このオファーはミュージシャンとして興味深く、良い楽曲が出来そうな予感はありました。
カントリーミュージックの代名詞的な楽器、バンジョーのリフから始まるのは、アメリカから帰って来たサムライと言った感じのイメージです。
お会いした際も凄いキャリアをお持ちにも関わらず謙虚で、野球に対して直向きな姿勢、男気を感じました。日本プロ野球、メジャーリーグで体調を維持し結果を残されてこられた事はプロとして業界は違えど尊敬に値する事だと思います。
♪Wow Wowのパートは黒田投手登場時には球場が一体となり、ファンの皆様の大合唱で盛り上げて戴ければと思います。

B’z・稲葉浩志 コメント
特定のアスリートのための作品作りは初めてだったので、非常に新鮮な気持ちでやらせてもらいました。
どんな試合でも粘り強く寡黙に投げるという、男なら誰でも痺れるような黒田投手のイメージがありますが、他人には見せないであろう葛藤なども想像しながら言葉を選びました。単なる黒田投手のテーマソングではなく、それを歌う私や聞き手も自分を投影できる、B’zの作品になったと思います。

黒田博樹投手 コメント
日本だけでなく世界でも活躍されているアーティストに曲を作っていただいて、松本さん、稲葉さん始め、曲作成に携わっていただいたみなさんに感謝の気持ちでいっぱいです。いいピッチングをして少しでも恩返しができたらと思います。

以下、一問一答

(曲を聴いた感想)
曲、歌詞とも本当にカッコよく気に入りました。

(曲を作ってもらった経緯)
松本さんとロスで食事をする機会があり、それがトントン拍子でこうゆう風な経緯で曲を作っていただけることになりました。

(入場曲に対するこだわり)
自分がマウンドに上がる時にモチベーションが上がり、恐怖心を取り除いてくれるような音楽がベストだと思います。

(タイトル「RED」について)
一番はやっぱりカープのチームカラーですし、一番先にカープを連想するようなタイトルで素晴らしいと思います。

(B’zついて)
昔から、高校生くらいの頃からよく聞いていて、すごく嬉しいです。一つに絞ることが難しくらい、どの曲も聞いてましたし好きでした。

関連リンク

B’z オフィシャルサイト:http://bz-vermillion.com/
B’z Official YouTube Channelhttp://www.youtube.com/Bz

カテゴリー : エンタメ タグ :
Musicman-NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP