ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

山崎あおいの大暴走「なりたい顔面ナンバーワン!」笑いと涙で溢れたツアー終幕

DATE:
  • ガジェット通信を≫
山崎あおいの大暴走「なりたい顔面ナンバーワン!」笑いと涙で溢れたツアー終幕

 オリコン8位にランクインした2ndアルバム『12センチ』を携え、全国6か所のツアー【山崎あおい2ndワンマンライブツアー2015 ~センチメンタルストーリー~】を敢行した山崎あおい。同ツアーが3月20日 北海道・Zepp Sapporoにて幕を閉じた。

山崎あおい キュートなライブ写真一覧

<王道ポップスでありながら痛いほど胸に刺さる 山崎あおいの真骨頂>

 YouTubeに公開されているダイジェスト動画(http://bit.ly/1Botwie)も話題となった同ツアー。3月9日 渋谷TSUTAYA O-EASTにて行われた東京公演では、同ツアーの為に制作された「センチメンタルストーリー♪」と歌われるオープニングSEと共に登場し、フルバンド編成で最新アルバム『12センチ』収録曲を勢いよく次々と披露。そして「春ですね。花粉症がツラいですね。そんな春を感じる中、次は夏の曲をやるんですけど(笑)、すごく夏が大好きで、毎年夏の為に生きていると言っても過言ではないんです」と大好きな夏の曲を続けて届けていく。夏の匂いを感じさせながらも、どこか儚い。王道ポップスでありながら痛いほど胸に刺さる音楽を奏でる、山崎あおいの真骨頂。序盤から会場は彼女にしか生み出せない世界に染まっていく。

<「もしもぼくが歌を 歌えなくなっても 君は話を聞いてくれる?」>

 そんな山崎あおいの魅力をギュッと濃縮してみせたナンバーが中盤に配置されていた。タイトルは「モシモボクガ」。かつて彼女はインタビュー(http://bit.ly/1F1sI7g)で「曲が出来たときの高揚感が何物にも変えられないものになっている」「今は100%に近い脳みそが音楽に使われてるんじゃないかなって思います」と、音楽が100%の状態になっていると語っていたが、そんな彼女が「ステージを降りれば いつも独りぼっちだ 笑い声に耳が 痛むよ」「もしもぼくが歌を 歌えなくなっても 君は話を聞いてくれる?」と問いかけるこの歌からは、日頃見せない臆病な自分と、それでも前を見て生きていく覚悟が感じられ、涙を誘う。真っ直ぐな道を突き進んできた山崎あおいが歌うからこそ響く曲、センセーション。

 「楽しいね。楽しいよ、私は。私は楽しいんだよ。楽しいよ。大丈夫ですか? ひとりで私テンション事故ってないですかね(笑)。歌うの辞めても話を聴いてくれるっていう曲を、歌を通して私を知っている人だけがいる空間で歌うってなかなかシビアだなと思って。話聞いてくれますかね? 辞めないけどね!」というMCまで含めて、彼女の人間性が溢れた有意義な時間だった。

<欲望のままにコール&レスポンス「彼女にしたいナンバーワン!」>

 また、今回のツアーは、山崎あおいの楽しい大暴走ぶりも堪能することができた。それは前回のツアー(http://bit.ly/1fm1NEE)でも大いに盛り上がった、友達の癖あるお母さんの歌「レイコさん」に満員の観客がタオルを振り回しながらはしゃぐシーンでの出来事。彼女はコール&レスポンスがしたいと言い出し、「私の名前はあおい!」「彼女にしたいナンバーワン!」「世界で一番カワイイ!」と自分が言ってほしいことばかりファンに叫んでもらい、終いには女性ファン限定で「私の名前はあおい!」「なりたい顔面ナンバーワン!」と欲望のままにコール&レスポンスを繰り広げ、会場は笑いで包まれる。その後「こんな顔になりたくないでしょ、ごめんね」と自虐的に謝りつつ、「なりたい顔面ナンバーワンって言われたのを3年ぐらい心の糧にして生きていきたいと思います(笑)」と締め括るところまで含めて実に楽しい扇情シーンだった。

<今日は君に全部伝える日 大好きなんだって伝える日―――>

 そして「今年は曲作りをたくさんして、またそれを聴いてもらう機会としてライブもたくさんやって、バリバリ頑張っていこうと思っていますので、2015年の山崎あおいも応援よろしくお願いします!」と宣言し、インディーズ時代から歌い続けている大切な歌「強くなる人」を披露。彼女と僕らの背中を押す、諦めない今が繋ぐ未来へ突き進んでいく為の歌にこれまた涙腺が緩んでしまう。

 また、アンコールでは、ファンのみんなと記念撮影。さらに「スクランブル」披露時には観客がステージを撮影してOKという大盤振る舞い。そして「伝えるということがすごく私の中では難しいことで、異性に好きだということももちろん難しいと思うんですけど、友達に今思っていることを言うとか、家族に自分が考えていることを伝えるのもすごく難しくて」と語り、でもだからこそ注がれる歌に対するエネルギーやエモーションの全てを込めて、最後の最後に「伝える日」を披露。

 小さな胸に溢れてる想いを 今日は君に全部伝える日 大好きなんだって伝える日―――。まさに今日のこと、今この瞬間のこと。この想いを日本中に届けることができた山崎あおいは、3月20日のツアー最終公演終演後に「全6会場、各地来てくれた人、本当にありがとう。これからも頑張ります! ありがとう! 愛してる!」とツイート。大好きだけでは足らずに「愛してる!」と想いを溢れさせた山崎あおいのこれから、実に楽しみである。

取材&テキスト:平賀哲雄

◎ライブ【山崎あおい 2ndワンマンライブツアー2015~センチメンタルストーリー~】
03月09日(月)渋谷TSUTAYA O-EAST セットリスト:
01.センチメンタリズム
02.ふたりで歩けば
03.左手
04.夏海
05.君のいない夏なんて嫌いだ
06.カランコロン
07.クラスメイト
08.サカナ
09.モシモボクガ
10.Charade
11.BATABATA
12.0214
13.レイコさん
14.強くなる人
15.会いにゆくよ
En1.スクランブル
En2.伝える日

関連記事リンク(外部サイト)

山崎あおいインタビュー「曲が出来たときの高揚感が何物にも変えられない」
山崎あおい“弾き語りTOP3”ファン投票結果「HERO」等c/wとアルバム曲に
山崎あおい 1年ぶりのアルバム『12センチ』発表、初回プレス分には未発表曲入りCDも

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。