ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

「業界のアップル」を目指すために必要なこと

DATE:
  • ガジェット通信を≫

世界時価総額ランキングでアップルが2位を大きく引き離し1位に

2015年2月の世界時価総額ランキングでは、1位はアップル・7,482億ドル(89兆7,840億円、120.03円/ドル換算)、2位グーグル・3,829億ドル(45兆9,594億円)、3位エクソン・モービル・3,714億ドル(44兆5,791億円)、4位マイクロソフト・3,597億ドル(43兆1,747億円)、5位バークシャー・ハサウェイ・3,539億ドル(42兆4,786億円)でした。日本では、トヨタ自動車・2,129億ドル(25兆5,543億円)がようやく23位にランクインしています。

アップル創業者の、スティーブ・ジョブズが亡くなった2011年10月のアップルの株価は52ドルでしたが、直近の3月23日は127ドルまで上昇し、時価総額は2位のグーグルを大きく引き離し、前人未到の90兆円に到達する勢いを示しています。

スティーブ復帰後にサクセスストーリーが始まったアップル

忘れてならないのは1985年、スティーブは自らが招聘(しょうへい)した経営者から解任される屈辱を受けました。そして19年前の1996年、アップルは瀕死の状態でした。同年、スティーブが復帰してから、時価総額90兆円へのサクセスストーリーが始まったといっても過言ではありません。

この原動力はいったい何なのかと考えていたとき、興味深い映像を観ました。2007年、スティーブとマイクロソフト代表ビル・ゲイツの対談です。その中でスティーブは、「当時、ポータブル・ミュージックの市場は偉大な日本のコンシューマー・エレクトロニクスの会社が支配していました。ただ、彼らは適切なソフトウェアを作れず、ハードにインプリ(実装)できませんでした。iPodもMacもきれいなボックスに入っていますが本質はソフトウェアです」と、アップル復活の起爆剤となったiPodの開発秘話について語っています。

スティーブ亡き後は、いわゆる彼の遺産であるiPhone、iPadなどのマイナーチェンジでしのぎながらも、「画期的な新製品を出せずに失速していく」と見る識者が少なくなく、「おごるリンゴは久しからず」と揶揄されていました。ところが、身につける「ウェアラブル端末」にアップルが乗り出し、時計型端末「アップルウォッチ」がいよいよ4月24日に販売開始になります。ソニーやサムソンなどがすでに時計型端末を上市していますが、消費者はアップルウォッチが出るまで静観、あるいは見極めたいとして買い控えていた向きが多いようです。

「デザイン資本主義」なる新語がクローズアップ

細部に至るまで徹底的にデザインにこだわったアップル製品は、ハードとソフトを融合させることでPCからスマホへの王道を築き、「IT業界の巨人」といわれる現在の地位を築いています。また、市場でのデザインの重要度を表すように「デザイン資本主義」なる新語がクローズアップされ、「業界のアップル」といった枕詞が散見されるようになりました。

「寝具のアップル」を目指す高級マットレスの「エアウィーヴ(愛知県大府市、松田孝裕代表)」、この2月に東京の清澄白河に米国外初出店を果たした「コーヒー業界のアップル」と呼ばれる「ブルーボトルコーヒー・カンパニー(カリフォルニア州オークランド、ジェームス・フリーマン代表)」などが挙げられます。

世界標準のインフラを構築したことがアップル成長の要因

ここで再認識したいことは「インフラを制覇した企業は強い」ということです。倒産寸前であったアップルは、わずか20年で90兆円の時価総額企業に成長しました。その要因はPCやスマホという世界標準のインフラを構築し、世界のユーザーに支持されたからです。

エアウィーヴは高級寝具、ブルーボトルコーヒーは新鮮な高級コーヒーのインフラに成長しようとしています。「光芒一閃」「盛者必衰」「会者定離」という言葉があります。日本から、世界のインフラを制する企業が出てくることを願ってやみません。

(村上 義文/認定事業再生士)

関連記事リンク(外部サイト)

次世代光ディスクを共同開発 ソニーとパナが手を組んだ背景
創業期を乗り切るベンチャーキャピタル活用
ニート全員が取締役 ニート株式会社に見る人材育成の大原則

カテゴリー : 政治・経済・社会 タグ :
JIJICOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP