ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

金山一彦が伝授 初めてでも失敗しない肉野菜炒めのレシピ

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 俳優の金山一彦さんは、妊娠中の(47才)妻・大渕愛子弁護士のために日々、料理の腕をふるっている。

「おいしいものを作って、一緒に食べる喜びを夫婦で分かち合えるのは幸せなことです。料理は意外と簡単。これまで無縁だった男性もすぐに上達しますよ」

 と話す金山さんに、初めてでも失敗しない男の手料理を教えてもらう。

 金山さんが料理をする動機は単純。自分で作る料理が自分にとって一番おいしいから。そして、妊娠中の妻にも、栄養バランスのとれた食事を摂ってもらいたいと思うから。

「例えば、お店でスパゲティナポリタンを食べると、もうちょっとケチャップがほしいなとか、ぼくならしょうゆを隠し味に使うかな…なんて考えちゃう。実際に家で作ってみて、想像していた通り自分好みの味になると『お~、よしよし』と大満足です。料理の面白さを感じますね。

 男性は色々凝りがちですが、最初は難しいことを考えなくてもいいと思います。味が濃ければ水で薄めればいいし、物足りなければ調味料を足す。男の料理って、そのくらいでちょうどいいんじゃないですか?」(金山さん、以下同)

 そこで、金山さん流肉野菜炒めのレシピを伝授してもらった。

■肉野菜炒めの材料(2人分)
豚肉100g、キャベツ2枚、にんじん1/4本、まいたけ1/2パック、玉ねぎ1/4個、ピーマン1個
※これは今回の調理の目安。ありあわせの材料、好みの食材でもおいしくできます!

■切って炒める

【1】キャベツ、ピーマン、まいたけ、にんじん、玉ねぎの順に切り、ざるに入れる。キャベツは1.5cm幅、にんじんは5mm幅を目安に。

【2】豚肉を一口大に切り、サラダ油小さじ1をフライパンに熱し、炒める。「途中で火は弱めず、中火のままで大丈夫!」

【3】ざるをひっくり返して肉の上に野菜をオン。「野菜を順番にざるに入れたでしょ? これをひっくり返すと、火が通りやすい葉モノがいちばん上にくるんです」

【4】野菜を入れたらすぐに大さじ1程度の水を回しかけ、約2分放置。下の玉ねぎには火が通り、上のキャベツはしゃっきり。

■味付け

【5】塩2つまみ、こしょう2ふり、酒・しょうゆ・顆粒だし各小さじ1で合わせ調味料を作る。「慣れるまでは計量が必要かも」

【6】合わせ調味料を回し入れ、味をつける。木べらなどを使って手早く全体を混ぜる。野菜を小さめに切っておくと早く均一に火が通り、水っぽくならない。

【7】フライパンを振るのは熟練のワザ。「最初から派手にフライパンを振って炒めるのはムリ! 木べらで混ぜるように約30秒炒めます」

※女性セブン2015年4月2日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
インスタントラーメンをちょっとしたご馳走にするアイディア
キャベツ&塩昆布、トマトなどハイボールに合う簡単つまみ
高騰続く野菜 節約には使い切りカット野菜がいいとの指摘

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP