ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

女性ストーカーの特徴「いかに自分が傷ついてるかアピール」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 ストーカーによる凶悪犯罪というと、男性が犯人であることが目立っている。しかし、実際には女性が加害者になるケースも、男性加害者のケースと同様に多いというのだ。

 女性ストーカーの行動には「いくつか特徴がある」と、ストーカー問題に詳しいNPO法人「ヒューマニティ」理事長の小早川明子さんが指摘する。

「女性はつきあっている時から徹底的に相手を調べ上げています。人間関係、取引先、親のことなど。女性は筋力がないから、力で男性に勝てない。いざとなったら誰を味方にするか、どこに乗り込むか、頼れるモノを探しています。職場に乗り込む、公衆の面前で泣き叫ぶのも女性が多い。一方、男性は社会的な場所よりもプライベートな空間で行動を起こすことがほとんどです」

 また、「いかに自分が傷ついているか」をアピールするのも女性特有だという。

「男性の場合は“死ね”、“殺してやる”などと攻撃的な言動にでることが多いですが、女性は自分が“死ぬ”と言う。また、物を置くケースも多い。玄関前に花を置いたり、植木鉢を少し動かしたり、少しずつ“自分の存在をアピール”する。それが高じると、首を吊るためのロープを駐車場に置いておくなど、“ここに来た”という形跡を残しながら、“いかに自分が苦しんでいるか”という痕跡を残そうとエスカレートする。用意周到で執拗なのは女性ならではでしょう」(小早川さん)

 フリーターの北川加奈さん(仮名・30代)の話を紹介しよう。

「彼の携帯のメールを常にチェックしてしまいます。彼は携帯にパスワードロックをかけているので、何か隠しているんじゃないかと不安になって、彼が寝ている間にパスワードを何百通りも入れて解除しました」

 加奈さんの行動はストーキング行為と言われてもおかしくはない。

「普通ならここまでやらない、“なぜか止められない状態”は、もうストーキングです。その対象は恋愛だけではありません。息子の嫁が気に入らないといって、嫌みを言い続けたり、家事や育児の様子を監視したりするなどというのもストーカーです。ママ友など友人との間でも、“急にあの人が冷たくなった”、“仲間外れにされた”という思い込みから周囲の人間を“敵”だと見なし、ストーキング行為に発展することもあるのです」(小早川さん)

※女性セブン2015年4月2日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
ストーカー 男女の割合はほぼ同じだが男性はあまり相談せず
プリンをパンに塗って焼く「プリントースト」の作り方
パンケーキ人気に加えフレンチトーストも人気 男性も支持

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP