ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ドラマ『孤独のグルメ』台湾版に登場した絶品料理 / 台北市西門町『鴨肉扁』のガチョウの燻製

DATE:
  • ガジェット通信を≫

ドラマ『孤独のグルメ』には、数々の隠れ家的グルメが登場する。2015年4月からは、台湾版の放送が決定しており、すでに撮影が進んでいる。

・ガチョウ料理の老舗
今回は、ドラマ『孤独のグルメ』台湾版に登場する、絶品なる食堂『鴨肉扁』をご紹介したいと思う。このお店、なんと40年以上も続く、ガチョウ料理の老舗なのだ。

・現在はガチョウ料理の専門店
「ガチョウなのに鴨(かも)っておかしくない?」と思った人は鋭い。かつて鴨料理をメインにしていた店舗だったのだが、現在はガチョウ料理の専門店として営業しているのだ。

・特に蒸しガチョウは人気
ここの人気メニューは、ガチョウの燻製(300元 / 約1150円)と、ガチョウ麺(50元 / 約190円)。特にガチョウの燻製は人気があり、家族や友だち同士で注文し、その味を楽しんでいる人たちが多くいる。

・燻して余計な脂が落ちた
ガチョウの肉はフンワリとした弾力がありながら、非常にジューシー。ソフトな食感とともに肉汁があふれるのだが、辛口のタレをつけて食べると旨味が増す。

それなのに爽やかな後味なのは、燻されて余計な脂が落ちたからに違いない。

・旨味が溶け込んだガチョウの麺
骨があるので、食べるときに注意しつつグルメを堪能したいところ。たっぷりとガチョウの旨味が溶け込んだガチョウの麺も美味しい。

味付けが薄く、そのおかげでダシの旨味を細やかに感じられる。台湾風ガチョウラーメンといったところか。

・調味料で味を自分好みに変化
燻製ガチョウも、ガチョウの麺も、テーブルに置かれている調味料で味を自分好みに変化させて食べることを強くオススメする。

ガチョウの燻製につける辛口のタレは、麺料理にもピッタリだ。

・台湾旅行で孤独にグルメ
孤独にグルメを味わうドラマ『孤独のグルメ』。もしかすると、今後、台湾旅行で孤独にグルメを楽しむ日本人観光客が増えるかもしれない。少なくとも、この店の味は日本人にバッチリだ。


鴨肉扁
住所: 台湾台北中華路1段98-2号
時間: 10:00~22:30
休日: 年中無休
ルート: 地下鉄西門駅から徒歩2分

詳細を読む: Photrip フォトリップ http://photrip-guide.com/2015/03/24/kodokunogurume-taiwan1/
Via: 鴨肉扁

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
Photrip フォトリップの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP