ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

俺の坊やに挨拶しな!伝説のマフィア映画『スカーフェイス』リメイク版がようやく始動開始

DATE:
  • ガジェット通信を≫

ブライアン・デ・パルマ監督がメガホンを取り、アル・パチーノの渾身の演技が高い評価を得た伝説の犯罪アクション『スカ―フェイス』(1983年)。同作のリメイクは近年ことあるごとに噂されていたが、ここにきて監督と脚本家が決定したという。

パチーノ扮するキューバ移民が暗黒街でのし上がる様子を描いた『スカ―フェイス』はもともと、暗黒街の頂点にのぼりつめたイタリア移民が主人公の1932年の犯罪ドラマ『暗黒街の顔役』を現代風(80年代当時)にアレンジしたものだ。

https://youtu.be/5JfyFrJfJmI

https://www.youtube.com/watch?v=LTIbCrkKeqI

<joblo.com>によると、リメイク版の脚本を務めるのは、ジョナサン・ハーマン。彼はドクター・ドレーやアイス・キューブが在籍していた米人気ラップグループN.W.A.の伝記映画『STRAIGHT OUTTA COMPTON(原題)』(2015年夏に全米公開予定)や、巨匠アルフレッド・ヒッチコック監督の代表作『鳥』のリメイク版の脚本にもかかわっているという。
また、監督は南米チリ出身で『NO』(2012年)がアカデミー外国語映画賞にノミネートされたパブロ・ララインが務める予定だ。

ストーリーに関しては、「ロサンゼルスを舞台に、移民が街を牛耳るさまを描く」という、これまでの路線を踏襲する以外は明らかになってない。今後の動きが気になるところだ。

【参照リンク】
http://www.joblo.com/movie-news/straight-outta-compton-writer-to-draft-the-new-remake-of-scarface-127

関連記事リンク(外部サイト)

橋本環奈の可愛すぎるツインテール姿がネット上で話題に 「なんだ、ただの天使か」
NHKの本気すぎる再現ドラマがネット上で話題に 「想像以上」「本人かと思った」
流血!ジャパンアクションアワード「地獄の無限階段落ち」がスゴすぎる【動画】
「カンバーバッチ史上最高の演技」とは? 映画『イミテーション・ゲーム』脚本家が明かす
どうして世界最強のハゲの運び屋になったか?新『トランスポーター』が解禁【動画】

カテゴリー : エンタメ タグ :
AOLニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP