ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

毎日を、楽しく過ごしている人が実践している「3つのポイント」-リビング・ショッピング編-

DATE:
  • ガジェット通信を≫


 “プロセスリッチ”

過程を楽しむ、ひと手間かける、しあわせ。

CANVAS(キャンバス)

都会がすき。だけど自然もすき。体を動かすのがすき。だけど食べるのもすき。好きなものをあわせ持ち、 カテゴリにはまることなく、 心が自由。そんなひとの人生に寄り添うライフスタイルマガジン。「Draw Your Life!」というメッセージのもと、 人生にワクワクするきっかけを人の心にうみだし、“今の気分”と“本質的な豊かさ”をとことん追求する一冊。待望のCANVAS vol.3は2015年初夏に発売予定!

ライフスタイルマガジン『CANVAS』とのコラボレーションでお送りするシリーズ企画。手間を省くことがこれまでの主流でしたが、いまは手間を楽しんでかける時代。毎日が、人生がグッと楽しくなる“プロセスリッチ”なワザをご紹介。今回はリビング&ショッピング編です!

 

■1■
スチームアイロンには
アロマオイルを一滴

「ふつうのアイロンって面倒。家の中のどこに置けばいいかもわからないし」という人におススメなのが、スチームアイロン。

ハンガーに掛けたままアイロン出来るから便利だし、水と一緒にその日の気分で選んだアロマオイルを一滴たらすと、粒子の細かい蒸気が立つので、ちょうどいい加減で香りが漂う。

洋服だけでなく部屋全体がやさしい香りで包まれていく。

■2■
煎ったお茶の
香りに包まれる

黒いススやきつめの匂いが気になってキャンドルが苦手な人も少なくないはず。そこで、部屋の香り炊きにおススメなのが、茶香炉。消臭効果もあって空気がきれいになり、嫌じゃない匂いを残してくれる。ススにありがちな、木の家具に黒っぽい色が移る心配もなく、カテキン効果で体も元気になる。

やり方は簡単で、ホウロクに緑茶の葉っぱを入れ、揺らしならが弱火で煎るだけ。

飲むお茶も、緑茶でそのまま飲むよりこうして煎ったほうじ茶の方が体にやさしく、肌が弱い人にもおススメ。

■3■
お肉はお肉屋、魚は魚屋
野菜は八百屋、
帰りに、花屋によりみち

それぞれ専門店で買うと、いろんな収穫がある。

野菜は季節のものがわかるし、魚は海のものなのか、川のものなのか、お肉はどこ産のものなのか、グラムで売っているものなのか、切ってくれたものなのか(ちなみに、切ってくれたものの方が絶対に美味しい!)などなど。

1カ所のスーパーでラクに買ったものより3カ所行ったもののほうが、買うというプロセスを大事にしたぶんだけ、材料を大切に使うようにもなる。3カ所行けば3カ所の人と触れ合えるのも楽しい。

最後に花を買って帰ると、家も明るくなって、季節を感じる食卓にすることもできる。ふだんの買い物こそ、発見の連続。

より「プロセスリッチ」なライフスタイルに触れてみたい人は、こちらをチェックしてみて!

公式FacebookページInstagram

関連記事リンク(外部サイト)

【経営者必見!】キャリアアナリストが明かす「やる気に関する、驚きの科学」
「僕の父はテロリストです」。テロと戦う活動家、ザック・エブラヒムが語る「平和への道」
「ほとんどの女性は、チャンスを掴む前に会社を辞めてしまう」。FacebookのCOOが語る、世界に女性リーダーが少ないワケ

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP