ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

「地産地消」の学校給食。地場産業拡大に向けた、子どもたちが考える美味しいレシピ。

DATE:
  • ガジェット通信を≫

最近、幼稚園や小学校でも「食育」が進んでいるようで、まるでサーカスのようにゴハンが中空を舞ったり、叩き付けたりしながらも子どもたちは自分で作る食事を楽しんでいる様子。

子どもの頃から食とふれ合う、こうした取り組みは「地産地消」を考えるキッカケもなっているようだ。

①学校給食の現場で「地産地消」を活かした、子どもたちによる食育がはじまっている。②主導しているのは農林水産省で地場産業発展にもなっている。③子どもたちが自ら考えた地産地消のオリジナルレシピのコンテストが開催されている。

学校教育から考える
「食」の在り方

そもそも、食育という言葉が誕生したのは1896年、明治時代の薬剤師・石塚左玄の著書『体育知育才育は即ち食育なり』より、造語として用いられたのが始まりだそう。

文部科学省は、学校における「食育」促進について、近年、偏った栄養摂取や食生活の乱れから、肥満や痩せ過ぎなど、子どもたちの健康を取り巻く環境が深刻化していること。また、食を通して地域理解を深めること、食文化の継承を計ることなどを目的としている。

こうした状況を踏まえ、2005年食育基本法が制定、子どもたちに学校教育の中でも積極的に食育に取り組む機会が設けられた。

農水省主導の
「地産地消」コンテスト

近年、この食育の一環として、学校給食の現場で「地産地消」のスローガンのもと、地元の食材を知りそれを実際に食べる取り組みが進んでいる。農林水産省が主導し、2008年より毎年開催されるコンテスト(地産地消給食等メニューコンテスト)では、地元食材を使ってオリジナルレシピを子どもたち自身が考える、新たな取り組みとして話題を呼んでいる。

その一方で、地元の食材や郷土の味を給食で提供する動きも年々、高まりつつある。社会科の授業でも登場する地産地消。郷土固有の食材の採用によって食育を施し、地域と食べ物とのつながりを給食を通して、子どもたちに食を体感させる機会が学校教育の現場でも増えてきた。

前述の「地産地消学校給食等メニューコンテスト」では、毎年、全国各地域の特色が存分に反映された、オリジナルレシピが発表されている。たとえば、2013年農林水産大臣賞・文部化学大臣賞を受賞した2校の給食を見てみよう。

//

投稿 by 農林水産省食料産業局.

 

「マコモダケと長いものコロッケ、すきわかめのサラダ、ほろほろ鳥のスープ、トマトジャムヨーグルト」
(社会福祉法人矢沢保育園・岩手県花巻市)
「宝達志水オムライス、県産ハタハタのカレー揚げ、町内産野菜とお豆の塩糀スープ、町内産イチジク」
(宝達志水町立押水中学校・石川県宝達志水町)

ご当地食材をふんだんに取り入れた給食レシピ。じつに個性的で他県では見られない給食だ。

土着の食材を
取り入れることの意味

日本には、古くから「身土不二」という言葉がある。地元の風土と季節に応じた食べ物を摂ることが、心身に大きな影響を与えるという考え方だ。輸送コストが掛かる、他府県産や輸入食材よりも、生まれ育ち生活している土着の生産物に目を向け、食していくことは大切な郷土への関わり方だろう。

地元野菜や伝統野菜にますます注目が集まる昨今、学校給食で使われる食材においても、固有の文化と子どもたち健康のバランスを取っていくうえで重要な課題となることは間違いなさそうだ。国や学校のみならず社会として考えていくべきテーマではないだろうか。

関連記事リンク(外部サイト)

食べ過ぎには、オリーブオイルが効果的!世界の最新ダイエット法「12選」
脳内麻薬でストレスを吹き飛ばせ!究極のセロトニンフード「11選」
【ギネスブックも認定】最も栄養価の高い果物「アボカド」の効能とは?

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP