体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「リスクを取らない人生に価値はない」。デンゼル・ワシントンが卒業式で語った、勇気ある人生の大切さ

th_スクリーンショット 2015-03-24 18.21.34

アカデミー賞や数々の男優賞を獲得している、アメリカを代表する映画俳優デンゼル・ワシントン氏をご存じだろうか?

彼が2011年にペンシルベニア大学で卒業生にむけて行ったスピーチは、多くのメディアに取り上げられ、心に響く内容だと絶賛された。自身の過去や成功までの道のりを振り返りながら、人生において「リスクをとることの重要性」を語りかける。

th_スクリーンショット 2015-03-24 17.31.36

Photo by Harrywad

デンゼル・ワシントン氏の言葉をまとめるとこうだ。

・リスクを犯さない人生に価値はない。「前のめりに転べ」
ダメだった時どうするかという保険をかけていないだろうか。どうせ失敗するなら、前のめりに失敗しよう。

・私たちがリスクを取るべき「3つのワケ」
1.遅かれ早かれ、必ず失敗をするものだから
2.自分が持っている才能を知ることにつながる
3.時に未来を知るための最高の手段となるから

・恐怖の先にチャンスがある。アイデアを受け入れよう
人々に心を開き、違う考えや新しいアイデアを聞くことが大切。最初は恐怖に感じるかもしれないが、その先には思わぬチャンスだってあるかもしれない。

ここからは勇気がもらえる力強いスピーチを、ご紹介する。

「前のめりに、転べ」リスクを犯さない人生に、価値はない

ガットマン学長を始め、卒業を迎えるみなさん。私は今日、このような素晴らしい機会をいただき大変光栄に思っております。ただ、卒業式のスピーチはとんでもない大役であり、映画とは全く違うものですから、大きなプレッシャーを感じています。

でもどんなに遅くても、私はここに来なければならなかったと信じています。なぜなら、真実を知るためには行動を起こすしかないからです。そう、私はリスクを犯さない人生に価値はないということを学んできました。

みなさんはこれまでに、例えば大学に出願する、何かに挑戦するといった場面で、ダメだった時の保険をかけておきなさいと言われた経験があることでしょう。しかし、私にはその意味が理解できません。失敗するなら、何かに寄りかかって支えてもらうのではなく、前に向かって思いっきり倒れた方が良いと思っているからです。少なくともそうすれば、何にぶつかるかをこの目で見ることができますからね(笑)

最高のホームランバッターは、最も三振が多い

例えば、ホームランで有名なレジー・ジャクソンは選手。彼の三振の数は野球界で最も多い2600回です。でも彼を語る時にその話題はでません。それから、トーマス・エジソンは実験に1000回失敗しました。そして1001回目で電球を発明したのです。
これが「前に倒れる」ということです。失敗の積み重ねは、成功に近づく唯一の道なんです。

私たちがリスクを取るべき「3つのワケ」

1.遅かれ早かれ失敗はするものだから
まず言いたいのは、人は誰でも失敗します。どこかで必ず負けるときがあるのです。でも絶対に諦めてはいけません。遅かれ早かれ、いずれ必ず報われるから。

私が演劇界に入ったとき、オーディションではずっと不合格が続いていました。でも私は決して諦めず、後ろに倒れませんでした。いつもすぐに次のオーディションのことを考えていました。何度落ちても次、また次といった感じに。

1 2次のページ
TABI LABOの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。