ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

住岡梨奈、ケラケラ、サイサイ出演「Yteen’s LIVE」約300人の中高生で満員に

DATE:
  • ガジェット通信を≫

読売中高生新聞が初めて主催するイベントYteen’s LIVE SPRINGが東京・原宿ASTRO HALLで開催され、住岡梨奈、ケラケラ、Silent Sirenの3組みが出演した。

同新聞の読者層でもあるティーンエイジャーを意識してか、開演は放課後時間の17:00、チケット代も2,000円、場内販売はソフトドリンク&お菓子のみ。社会人客も若干名居たが、約300人の中高生で満員。会場内は開演を今か今かと待ちわびる熱気で溢れる。

そんな熱気の中、ステージにはアコースティック・ギターを携え住岡梨奈がステージに上がる。2月にリリースされた「Large & Small GIFT」に収められた「やさしくなれたら」を、歌詞ひとつひとつを噛み締めるよう丁寧に歌う。「そろそろ桜が咲きますね。春にぴったりの曲歌います!」と荒井由実のカバー「卒業写真」を披露。ギターの弾き語りというシンプルな構成ゆえ、住岡梨奈のボーカルが会場の隅々にまで響き渡る。ラストは「皆さんにとって、何か響くものがあれば」と紹介しTV番組・テラスハウスで作った卒業ソング「言葉にしたいんだ」を歌いステージを降りた。

住岡梨奈が作った卒業ソングの流れに応えるかのように、ケラケラの1曲目は「さよなら大好きだったよ」。卒業式のキュンとした切ない気持ちをしっとりと歌い場内をじわっとさせるも、2曲目の「ひとつだけ」で一挙にヒートアップさせる。ボーカルのMEMEは、中高生の頃に色々悩んでいた事を話しながら「悩みとは次の一歩へ進む為の選択。悩みをガンガン乗り越えて頑張っていこう!」と集まった中高生にメッセージを送る。そして「真剣勝負してくれますか?」と場内に問いケラケラ名物のパーティー・チューン「ケラケラじゃんけん」になだれ込み、ラストの「スターラブレイション」まで怒号の声援が飛び交う中、一挙に駆け抜けた。

最後に登場したのはSilent Sirenの4人。1曲目の「ラッキーガール」から元気よく飛ばしていく。今や武道館の単独公演を完売させるサイサイだが、デビュー・ライブはここ原宿ASTRO HALL。ボーカルのすぅ(吉田菫)は「ここでまたライブが出来てホントに嬉しい!」と感激ひとしお。「(読売)中高生新聞のライブなのに、なかには中高年も混じってる!これじゃ中高年新聞だよ!」と場内を爆笑の渦に包んで「でも全員、気持ちは中高生!夢に向かって一生懸命に走っていく曲をやります!」と「stella☆」を演奏。この曲は2012年12月に、この会場で行われた「サイサイ祭2012冬」で初披露した思い出の曲だ。

中盤はライブで人気の「サイサイコーナー」。ワンマン以外でこのコーナーをやるのは、これが初めてだそう。この日は読売中高生新聞の人気・お悩み相談コーナー「解決!四天王」とのコラボレーション。事前にアプリで応募を受けつけた相談にサイサイのメンバー4人が答えるというもの。恋愛相談から、部活での悩みといった相談に和気あいあいと答えていく。この模様は同新聞に4月3日発行号にて掲載されるそう。

再びそれぞれが持ち場に戻って演奏再開。ちょっと懐かしいディスコ・ロック調テイストの「DanceMusiQ」でグイグイと客席を引き込み、ラストは「どこよりも早く夏を先取りしましょう!」のかけ声と共にメンバーとオーディエンスのコール&レスポンスで始まるサイサイのサマー・チューン「ビーサン」。300人の観客でいっぱいになったASTRO HALLが、上下左右に揺れる程の盛り上がりを見せ、2時間弱のYteen’s LIVE SPRINGは終了した。

終演後「あ~楽しかった!」とつぶやいていた女子高生の言葉が象徴するように、中高生の漲るパワーを発散出来る学園祭のようなイベントだった。このライブ、タイトルにSPRINGとある通り、今後は夏や秋と季節ごとに続けられることに期待しよう。

PHOTO:星野麻美

Yteen’s LIVE SPRING@原宿ASTRO HALL・2015年3月23日・セットリスト
住岡梨奈
01.やさしくなれたら
02.卒業写真
03.言葉にしたいんだ

ケラケラ
01.さよなら大好きだったよ
02.ひとつだけ
03.ケラケラじゃんけん
04.スターラブレイション

Silent Siren
01.ラッキーガール
02.stella☆
03.KAKUMEI
04.DanceMusiQ
05.ビーサン

カテゴリー : エンタメ タグ :
Musicman-NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。