ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

冒険的で素晴らしい世界に住んでいる実感がないなら飛び出すべき

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Photo credit:Hirohito Watanabe「赤い砂漠でワインでも

「私たちは、美しくて、魅力的で、冒険に満ちた素晴らしい世界に住んでいる。目を開いて探していれば、私たちの物語に終わりはない」

およそ200。例えば200個の中から1つしかもらえないと言われたとき、あなたはきっと「少ない」と文句を言うだろう。例えば選ばれる確率は200分の1と言われたとき、あなたはきっと「無理だ」と諦めるだろう。

世界に200個弱ある国々を全く見ずに、何を語るのだろう。テレビという小さな小さな箱を通して世界を見て、何を知ったことになるのだろう。

今の暮らしの中で、「美しくて、魅力的で、冒険に満ちた素晴らしい世界に住んでいる」と実感できていないならば、持っている手札を増やすべきだ。少ない手札とにらめっこしても答えは見つからない。まだまだ残っているカードの山に、あなたが求める答えの手札が眠っているのかもしれない。目を開いて探し続けよう。あなたが冒険すべき知らない世界は、まだいくらでも残っている。

(ライター:八木彩香
Photo by: Hirohito Watanabe「赤い砂漠でワインでも

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
Compathyマガジンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP