ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Uber進化版⁉︎子どもや高齢者の送迎に特化したShuddle、米国でエリア拡大へ

DATE:
  • ガジェット通信を≫

「Uber」といえば、アプリでハイヤーを手配できる人気のサービスだが、同様のスタイルながら、子どもや高齢者の送り迎えにフォーカスした「Shuddle」が、米国カルフォルニアで展開されている。

昨年10月にベータ版が始まり、このほど約1000万ドルの資金を調達した。利用は順調に増えていて、今後サービスエリアを拡大する見込みだ。

・1週間前までの予約制

自分で運転ができない、車を所有していないなどの理由で、病院通いなどにタクシーを利用する高齢者は少なくない。また、米国では子どもの学校や習い事は大人が送り迎えするのが基本で、共働き世帯の場合、親が時間をやりくりするほか、シッターを雇ったり、知り合いに依頼したりするパターンが多い。

Shuddleはそうした需要を取り込もうとしている。Uber同様、アプリで手軽に手配できる。ただし、Uberが必要なときにすぐ手配するのに対し、Shuddleは1週間前までの予約制。また、その都度の使用料金に加え、1カ月あたり9ドルのメンバーシップ料金もかかる。

ShuddleのCEOによると、このメンバーシップ料金はドライバーの適性を判断するスクリーニング検査やトレーニングにあてられているとのこと。質の高さを維持するのがねらいだ。また、料金には保険も含まれる。

・ドライバーは女性のみ

これまでのところ、登録ドライバーは200人余り。そして全員が女性という。高齢者の介助や、子どもの扱いに慣れている女性ならではのサービスが提供できそうだ。

乗客は高齢者と子ども、そして利用のほとんどが日中であることから、女性ドライバーの安全も確保できる。一方、利用する側からすれば、ドライバーの身元や技術がしっかりしていて、しかもアプリで子どもの送迎を追跡・確認もできるなど安心も得られるとなれば、それだけの代金を支払う価値はあるだろう。

互いにメリットがある、まさにWin-Winのこのサービス、Uber同様、米国外でも需要がありそうだ。

Shuddle

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP