ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

モンゴル国籍持つ白鵬の一代年寄取得 北の湖理事長の見解は

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 かつての「優等生」から「不良横綱」への豹変を批判するマスコミに対する沈黙、他部屋力士の土俵上での振る舞いに対して「吠えるな!」との叱責……横綱としての品格が問題視されている白鵬に対し、3月23日発売の週刊ポスト(4月3日号)で、幕内優勝24回を誇る元横綱・北の湖理事長が見解を述べている。

 協会は白鵬についてある悩みの種を抱えている。「一代年寄」問題だ。白鵬には前人未到の記録を打ち立て、「年寄・白鵬」を襲名したいという思いがあるとされている。
 
「現在の協会の規定では日本国籍でないと親方にはなれないが、白鵬はモンゴル人のまま親方になりたいという気持ちが強い。一代年寄には横綱での優勝回数20回以上という目安があるが、白鵬の実績は文句のつけようがない。それでもさらなる大記録を作り、特例を認めさせようと躍起になっているのです。しかし肝心の“国籍条項”が変更される気配はなく、白鵬のイライラが募っている」(相撲ジャーナリスト)
 
 一代年寄問題について、北の湖理事長は以前にも「特例は認めない」と語ってきた。その思いは変わらないのか。改めて聞いた。
 
──一代年寄はやはりモンゴル国籍のままでは取得できないか。
 
「ダメダメ。一代でも何でも、年寄なのだから日本国籍を有する者と決められている」
 
──白鵬のように実績を重ねても無理なのか。
 
「どんなに実績があっても、これは規則です。相撲は日本国の伝統ある国技ですからね。ダメなものはダメ。日本の伝統は曲げられませんからね」

 この問題では理事長は白鵬の前に大きく立ちはだかって動かない。なお、同誌は北の湖親方に「白鵬の品格」を問うたほか、貴乃花親方にも白鵬問題について直撃している。


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
白鵬「天皇陛下に感謝」発言に隠れた「帰化せず親方」の決意
宮城野親方も白鵬をコントロールできず 第二の朝青龍の危惧も
『超五十連勝力士碑』に横綱・白鵬の名がまだ刻まれない理由

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP