ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【書評】半グレ化する不良老人 暴行の検挙数は20年で45倍に

DATE:
  • ガジェット通信を≫

【書評】『老人たちの裏社会』新郷由起著/宝島社/本体1300円+税

新郷由起(しんごう・ゆき):1967年北海道生まれ。OLなどを経て1993年から文筆業。おもに親子関係、家族をテーマに取材、執筆を続けている。著書に『まんがで丸わかり! はじめてのお葬式』(イースト・プレス刊)など。

【評者】鈴木洋史(ノンフィクションライター)

〈半グレ化する不良老人が急増している〉と著者は書く。

 かつて青少年の代表的犯罪だった万引きの検挙者数は、今や65歳以上の高齢者が未成年者を大きく上回っている。性犯罪での認知・検挙件数も急伸し、なかでもストーカーにおいては60代以上による認知件数はここ10年で4倍に増え、他の世代の増加率に比べてかなり高い。そして、「キレる老人」という言葉の定着が象徴するように、この20年で高齢者の暴行による検挙数は実に45倍以上にも増えている……。

 高齢者とその関係者を取材し、高齢者の荒れた姿を浮かび上がらせ、原因を探ったのが本書だ。

 たとえば、著者は高齢者の万引きが発覚する現場に何度も立ち会ったが、捕捉された高齢者は、まずは謝りながら号泣したり、哀れな老人を装って許しを請うたり、自身の不幸な境遇を訴えたり、ボケたフリをしたりする。なおも追及されると、「覚えていない」などと言ってとぼけ、中には「認知症だから仕方がない」と開き直るケースもある。

 高齢者の万引き犯には常習者が多く、世間が思っている以上にしたたかなのだ。だが、犯罪に走る背景を探っていくと、「生きる意味も生き甲斐も失った」と漏らし、心の空白を窺わせる高齢者が多いという。

〈持て余す時間とエネルギーをどう使ってよいか分からず〉〈迷走を続ける、不器用な高齢者〉。取材を通じて見えてきたのはそんな姿であり、〈死ぬよりも、上手に老いることの方が難しい時代になってしまった〉と著者は書く。確かにその通りである。そして、ここに描かれている姿は誰にとっても「明日の我が身」かもしれない。そう思うと、問題はより切実だ。

※SAPIO2015年4月号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
所在確認済みの日本最高齢者は佐賀県在住の113才の女性
品格のない老人が増加 若者が年寄りを敵視する傾向も原因か
サービス付き高齢者向け住宅「サ高住」 老人ホームとの違いは

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP