ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ケーブル、メモリー、充電器にもなる?! 1人8役のサイコロサイズのミニツール

DATE:
  • ガジェット通信を≫

バッテリー、ケーブル、フラッシュメモリー……さまざまなスマートデバイスを持ち歩いている人も多いだろう。日頃から「何種類も携帯するのが面倒だな」と思っているなら、「WonderCube」がおすすめ。

大きさは縦横およそ2.5センチメートル、サイコロ程度の小さなキューブ型デバイスである。手のひらに乗るサイズで、キーホルダーに付けておくのにもピッタリ。

・ケーブルから充電器、メモリーまで!

名前の通り、驚くべき機能を秘めていて、こんなに小さいのに、ケーブル、充電器、ストレージ、スタンド、ライトにもなるスグレモノだ。

・USBプラグを内蔵

「WonderCube」にはUSBプラグ、マイクロUSBプラグが内蔵されていて、Appleユーザー向けに、ライトニングコネクタも搭載。USBケーブルをつないでスマートフォンの充電をおこなったり、PCとスマートフォンをつないだりすることができる。

・マイクロSDカードリーダーも!

さらに、プラグの中にはマイクロSDカードリーダーが収納されていて、最大64ギガバイトまでデータ保存することが可能だ。おかげでスマートフォンからのデータ移行もラクラク。

・3.5時間分の緊急用バッテリー

もし、外出先でスマートフォンの電池がなくなってしまったら……。そんなときにも安心だ。「WonderCube」の上側を開けると、中には9ボルトのバッテリーが内蔵されている。この電池を使って、スマートフォンの充電をおこなえる。およそ3.5時間分のバッテリーで、緊急充電としては十分だ。

・スタンドやライトにもなる

また、「WonderCube」の側面は、マイクロサイズの吸盤状になっていて、スマートフォンをくっつけて支え、スタンドとして用いることができる。風景写真や自分撮りの際に役立ってくれるだろう。さらに、LEDライトを点灯させることも可能だ。

・Indiegogoでキャンペーンを開催中

こんなにミニサイズなのに、さまざまな機能が1つにドッキングされた「WonderCube」。大活躍してくれそうなこのツールは、現在、資金調達プラットフォームIndiegogoでキャンペーンを開催中で、目標額5万ドルの2倍超の投資資金をすでに集めている。

WonderCube

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP