体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

肉料理の次のブームはこれだ! ドイツ名物シュバイネハクセとは

昨年のワールドカップ開催国ブラジル。名物料理である「シュラスコ」が高い注目を集めたが、そのシュラスコに匹敵、いや超えるほどおいしい肉料理が優勝国ドイツにあった! 肉料理界のワールドカップでも優勝してしまうくらいおいしいシュバイネハクセをレポートする。

ドイツビールやドイツワインにピッタリのシュバイネハクセとは?

ドイツビールやドイツワインにピッタリのシュバイネハクセとは?

今回訪れたのは、1976年に創業したドイツ料理の老舗店「ドイツワインケラー ラインガウ」。かつては花街として賑わい、いまでも小さな路地にたくさんの飲食店が軒を連ねる四谷荒木町に佇む。

東京メトロ丸ノ内線四谷三丁目駅から徒歩約5分。クラシカルな外観

東京メトロ丸ノ内線四谷三丁目駅から徒歩約5分。クラシカルな外観

奥まった路地にあるので、茶色の看板を目印にして

奥まった路地にあるので、茶色の看板を目印にして

店名の「ラインガウ」とは、ドイツワインの産地でも最上級とされている地方のこと。その名の通り、当時日本では珍しかったドイツの辛口ワインを早くから取り扱うなど、ドイツ在住のオーナーがワインを吟味。アイスワインといった最高級の極甘デザートワインをはじめ、さまざまな銘柄のワインを市場の2~3割ほど安く提供している。

店内はドイツの調度品が多数飾られている。シックで大人の隠れ家といった雰囲気

店内はドイツの調度品が多数飾られている。シックで大人の隠れ家といった雰囲気

こちらがラインガウ地域の地図。ライン川の北側に続く丘陵地に、有名なワイナリーが点在している

こちらがラインガウ地域の地図。ライン川の北側に続く丘陵地に、有名なワイナリーが点在している

オーナーがドイツで買い付けたステンドグラス。店内はワインケラー(貯蔵庫)をイメージ

オーナーがドイツで買い付けたステンドグラス。店内はワインケラー(貯蔵庫)をイメージ

ドイツワインやドイツビールとともに、本格的なドイツ料理を楽しめるのがこのお店の魅力の1つ。定番のソーセージやジャーマンポテトが人気だが、お店イチオシの肉料理が「シュバイネハクセ」(3,240円)だ。

シュバイネハクセとは、塩漬けした骨付き豚すね肉を野菜などと一緒に漬け込み、ボイルしてからじっくりと焼き上げたもの。骨付き豚すね肉をボイルして作るアイスバインと違い、シュバイネハクセは皮付きで、ボイルしたものをさらにオーブンで焼き上げるのが特徴。低温でじっくりと焼くので、北京ダックのように皮がこんがりしておいしいのだ。

焼く前の状態。重さは750〜800グラムある
1 2次のページ
CHINTAI情報局の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。