ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

初音ミクに生命は宿るか? 展覧会「Ghost in the Cell:細胞の中の幽霊」

DATE:
  • ガジェット通信を≫


BCL + Semitransparent Design 《Ghost in the Cell》 2015 ©Crypton Future Media, INC. piapro
福原志保さん、Georg Tremmelさん、吉岡裕記さん、Philipp Boeingさんからなるアーティストユニット・BCLが、金沢21世紀美術館にて、展覧会「Ghost in the Cell:細胞の中の幽霊」を2015年9月19日(土)から2016年3月21日(月)まで開催する。

本展覧会では、現在の日本のポップカルチャーの代表格としてネット上で世界的な人気を誇る音声合成ソフト「初音ミク」に遺伝子と細胞を与え、「生命/非生命の境界」、「二次創作や芸能/芸術」のはざまで育まれる現代日本の特異な想像力の可能性を探究する。

国際的な議論を巻き起こすアーティスト・ユニット

BCLは、科学、アート、デザインの領域を超えたコラボレーションを行うユニット。2004年にGeorgTremmelさんと福原志保さんによってイギリスで立ち上げられた。

2007年に東京に活動拠点を移し、InterCommunicationCenter(ICC)や、アルスエレクトロニカなど、国内外の美術館やギャラリーで展示を行ってきた。

特に、バイオテクノロジー(生物工学)の発展が与える社会への影響や、水に関する環境問題に焦点を当てた作品制作を行い、閉ざされたテクノロジーを人々に開いていくことを目指した活動をしてきた。

「Ghost in the Cell:細胞の中の幽霊」は、金沢21世紀美術館が4月からスタートさせる「ザ・コンテンポラリー」シリーズの第3弾として開催される。開催に併せて、Web上での共同制作が4月26日(日)から7月26日(日)まで、ハッカソン(開発イベント)が、7月24日(金)から7月26日(日)まで行われるという。

新たな技術や、近未来の問題をモチーフにした作品制作で、国際的な議論を巻き起こしてきた話題のユニットと、現代を代表するテクノロジーの1つ「初音ミク」のコラボレーションだけに期待が高まる。

引用元

初音ミクに生命は宿るか? 展覧会「Ghost in the Cell:細胞の中の幽霊」

関連記事

POP&DOPE Illustration 002: くわがた
『火の鳥』に影響を受けたファッション展覧会「絶・絶命展」開催
爆ポップな鬼才 ぬQが個展開催! 未発表アニメ、家宝展示

カテゴリー : エンタメ タグ :
KAI-YOU.netの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP