体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

RIZE、ZAZEN BOYS 凄腕ベーシスト擁する2組が渋谷で激突 【Bass Magazine Presents The Power of Low-End】

エンタメ
RIZE、ZAZEN BOYS 凄腕ベーシスト擁する2組が渋谷で激突 【Bass Magazine Presents The Power of Low-End】

 リットーミュージックから刊行されている音楽誌『ベース・マガジン』が主催するライブイベント【Bass Magazine Presents The Power of Low-End】が、2015年3月17日(火)に東京・TSUTAYA O-EASTで開催。“The Power of Low-End”=“低音の底力”をテーマに、ベーシストにスポットを当てた対バン企画の第3弾となった今回は、現代のカリスマ・ベーシスト、KenKenを擁するRIZEと、今年に入りソロ・プロジェクト、吉田一郎不可触世界(ヨシダイチロウアンタッチャブルワールド)を始動した吉田一郎擁するZAZEN BOYSの2組が対峙した。

 先攻で登場したのはZAZEN BOYS。「MATSURI STUDIOからやって参りました…ZAZEN BOYS。」と、向井秀徳(Vo,Gt,Key)のお馴染みの挨拶で幕を開けるや否や、吉田一郎(Ba)の放つ、図太いベース音がいきなり体の芯まで震わせる。小気味よく刻まれる向井の鍵盤と吉兼聡(Gt)のギター、それをしっかりと支える吉田と松下敦(Dr)の分厚くグルーヴィーなボトムには微塵の揺らぎもない。それこそZAZEN BOYSの艶めかしい音世界を紡ぐ、確固不動の礎となっているのがはっきりと目に見えてくる。中央で輪のようになりプレイが始まれば、向井が「ウッ!」「ハッ!」と発する掛け声にピタリピタリと音をあわせてくるあたりは、テクニックの一言で表現するにはあまりにも乏しい、シンクロニシティを意図的に引き起こしているかのようなアンサンブルは流石としか言いようがない。向井は遊び心を抑えられず、わざと掛け声のタイミングをずらしたりするが、メンバーも面白がって乗ってくる…そんな彼らのプレイにオーディエンスは歓喜するのだ。酒を片手にゆらゆらと揺れながら歌う向井に、釣られるようにフロアは揺らめきサウンドに浸る…そんなシーンも挟みつつ、ラストまで至高のバンド・グルーヴでフロアを魅了してくれた。

 そして、後攻のRIZEがステージに姿をみせれば、フロア前方に密集し「オイ!オイ!」と煽り立てるオーディエンス。そんなフロアを黙らせるように初っ端からKenKen(Ba)のバチバチと弾けるようなベース音が轟いていく。彼のベースは、吉田一郎のプレイとは対照的とも言っていいほど獰猛で攻撃的。スポットライトを一心に浴びてのベースソロでは、研ぎ澄まされたフレーズ、強烈なアタック音はさらに際立ち、放たれる音はド級のインパクト放つ。その音こそが、ラウドの境地を突き進むRIZEサウンドには欠かせないのだ。中盤には初披露を含む、新曲2曲を立て続けに投下する大盤振る舞いにフロアはヒートアップ。RIZEとしてのオリジナル・アルバムは5年近くリリースされていないものの、新アルバムを匂わすJESSE(Vo,Gt)の力強い発言からも、次作の発表もそう遠くない未来に訪れるのではないだろうか。彼らの結成時から揺らぐことのない強靭な意思、ステージ上から放つ類いまれなる求心力…それに惹き付けられるようにオーディエンスは夢中で騒ぎ、本編ラストには「上がりたいなら、上がってくればいいじゃねぇかよ!!」と、JESSEの一言でオーディエンスのリミッターは崩壊。オーディエンスは続々とステージへと駆け上がり、一瞬でステージ上とフロアの境界線は取り払われてしまう。アーティストとオーディエンスが一心一体でライブを創りあげていく…RIZEのスタイルを最後まで貫き通した圧巻のアクトであった。

1 2次のページ
Billboard JAPANの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会